ガッチマンが『SCP Containment Breach』を語る「SCPによる“自分の死因”にツッコミを入れるのがとても楽しい」【ホラゲレビュー百物語】

画像は【ニコニコ動画】【実況】瞬きすると即死するSCP Containment Breach:01より
画像は【ニコニコ動画】【実況】瞬きすると即死するSCP Containment Breach:01より

【ゲーム概要】
 海外の都市伝説及び現代ファンタジーをテーマとした怪奇創作“SCP”を題材としたフリーの3D探索型アドベンチャーゲーム。プレイヤーはSCP(Special Containment Procedures) オブジェクト、すなわち超常現象や異様な物体、特異な生命体といったこの世ならざるものの研究施設を探索し、生き延びることが目的。マップが自動生成となっており、プレイするたびに形状が変わるのも特徴。

ガッチマンのひとことレビュー

 「SCP」というのは海外では有名な都市伝説で、日本で言えば「妖怪」みたいな存在です。そして、これはその「SCP」にあえて襲われるのを楽しむゲームです。

 普通のゲームが、敵に遭遇したら逃げたり倒したりするのなら、これは色んなSCPに自分がどう殺されるかを楽しんでいく、「死因」の動物園みたいなゲームです。だから、ユーザーさんには、「なんでわざわざ死にに行くの?」ってコメントで怒られたりもしましたが、ちょっと違うんです。そのひとつひとつに「なんだこれ(笑)」ってツッコミを入れていくのが、とても楽しいんですね。

 ただ、色んな方が手を加えて作った作品らしくて、とにかく信じられないレベルでバグが発生するんです(笑)。
 「ゲームが始まらない」なんてもう序の口。「始まっても最初の扉が開かない」とか「敵が出てこない」なんてのもザラ。特に一番しんどかったのは、地下のMAPをクリアしたあとに地上に戻ろうと思ったら、エレベーターのボタンがなかったときでした……。
 既にセーブしているからやり直しもきかないし、あれはさすがにどうしようもなかったです。ただ、バグって、メーカー製のゲームの場合はもちろんダメだと思うんですけど、フリーゲームの実況者としてはわりと美味しいんですよ。ユーザーさんが、かなり面白がってくれるんですね。まあ、やってる側のやるせなさはハンパないんですけど(笑)。
※記載されているようなバグについては、ガッチマンがプレイした当時のバージョンにあったものです。現時点で同様のバグが再現されるかは不明です。ご了承ください!

(動画投稿:ガッチマンさん)

プロフィール
  ニコニコ動画で活躍する実況プレイヤー。ホラー系ゲームを「怖くないように見せる」プレイスタイルが評判。自らを「ゲーム紹介おじさん」と称し、ゲームの良さを前面に出したその実況スタイルは評価も高い。

SCP Containment Breach 

公開年月日企画・開発プラットフォーム
2012年9月13日SCP Containment BreachWindows
特記事項
なし

(C) The content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License | Design by FCT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ