セピア「東洋的ホラー要素が、このゲームを至高の作品に引き上げている」『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』【ホラゲレビュー百物語】

画像は【ニコニコ動画】【ムジュラの仮面】タルミナ、最期の3日間!【ゼルダの伝説縛実況】1より
画像は【ニコニコ動画】【ムジュラの仮面】タルミナ、最期の3日間!【ゼルダの伝説縛実況】1より

ゲーム概要
 1998年に発売された『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の数カ月後のストーリーであり、直接の続編。本作のキャッチフレーズ「滅びる運命にある世界」の通り、音楽などが独特の恐怖感を演出しており、シリーズの中でも際立って異質な世界観となっている。

セピアのひとことレビュー

 『ムジュラの仮面』の怖さは、瞬間的なビジュアルショックで驚かす「西洋的ホラー」と、雰囲気やセリフでじわじわと震えさせる「東洋的ホラー」が同居していることにあります。
 私は特に「東洋的ホラー」の要素こそが、このゲームを至高の作品に引き上げているものであると感じます。

 このゲームの登場人物は皆、3日後に滅亡する世界の中で「今」を精一杯生きています。
 世界の終わりを覚悟しつつも自らの生を全うしようとする者、ひたすら怖気づき何もできなくなっている者、自身の悲しい境遇により滅亡を歓迎する節のある者……、実にさまざまな人がおり、そこから垣間見える人間模様は実に生々しいものです。
 この生々しさこそが『ムジュラの仮面』の最大の特色であり、ゲームをプレイすれば、自分自身と重なって見える登場人物が必ずいるはずです。

 ダンジョンは4つと少なめですが、それぞれ構造が非常に良く練られていて、特に後半の「グレートベイの神殿」と「ロックビルの神殿」は『ゼルダ』シリーズ史上最高傑作のダンジョンです。
 難易度のそこそこ高いアクションを要求されるため、コアなゲームファンの方でもやりごたえバッチリです。

(動画投稿:セピアさん)

プロフィール
 ゲーム実況や音楽を主とする動画投稿者・生放送主。2009年2月、ゲーム実況でニコニコ動画への投稿を開始。2014年2月、VOCALOIDでのオリジナル曲投稿を開始。ソロ活動のほか、ゲーム実況者4人の緩やかな集まりである「チームTAKOS」や、ゲーム実況属性を帯びた5人のメンバーによる音楽バンド「音速兄貴」の一員としても活動中。

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面

発売年月日開発元/発売元プラットフォーム
2000年4月27日任天堂NINTENDO64
特記事項
ゲームキューブ版(2004年※クラブニンテンドーの景品『ゼルダコレクション』に収録)、Wii版(2009年※バーチャルコンソール)、ニンテンドー3DS版(2015年※『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』)、Wii U版(2016年※バーチャルコンソール)あり

(C)2000 Nintendo

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ