「怖がるべきか笑うべきかツッコむべきか……B級なテイストが醍醐味」『The FEAR』【ホラゲレビュー百物語】

画像は【実況】-驚愕- 恐怖の実写エログロギャグホラーPart4【THE FEAR】より
画像は【実況】-驚愕- 恐怖の実写エログロギャグホラーPart4【THE FEAR】より

【ゲーム概要】
 エニックスの「シネマアクティブ」シリーズの第3作目。テレビ番組の撮影で、とある洋館に訪れたアイドルと番組スタッフ一行が、数々の奇妙な忌々しい事件に遭遇する。当時人気があったアイドルを起用したホラーアドベンチャーゲームで、“ほぼ全編実写”“フルボイス”“DVD4枚組”が特徴。

編集部ひとことレビュー

 ゾンビのようなおぞましい顔が描かれたパッケージと、DVD-ROM4枚組という圧倒的なボリュームに惹かれて、内容を見ずに購入した本作。
 ゾンビ系のサバイバルホラーだろうと思っていたら、ほぼ全編実写のホラーアドベンチャーゲームという想像の右斜め上をいく作品に、衝撃を受けたのを覚えています。

 今でこそグラフィックが進化し、本物の人間と見間違うほどリアルで美麗ですが、当時の技術であれほどまでの臨場感を味わえたのは、やはり実写ならでは。登場人物はもちろん、建物内も実写で、実際に自分自身がその場にいて会話をしたり、館を探索したりしているような感覚を体験できます。

 また、出演者の体当たりな演技も見どころの1つ。ネタバレになってしまうので詳細は伏せますが、よく事務所がOK出したなと感心してしまうほどの衝撃的な演出も多く、アイドルらしからぬ表情は一見の価値があります。

 全体的にB級要素が強く、怖がるべきか、笑うべきか、はたまたツッコミを入れるべきか頭を悩ませる部分もありますが、そこが「もう一度プレイしたい」と思わせる醍醐味だったりします。

 クセのあるB級ホラーが楽しみたい方にこそプレイしてもらいたい1本です。

(動画投稿:yuusya さん)

The FEAR

発売年月日開発元/発売元プラットフォーム
2001年7月26日エニックスPlayStation 2
特記事項
なし

(C)Digital Frontier Inc.TAO COMMUNICATIONS CO.,LTD.INATEC・tri-Crescendo Inc.・ENIX 2001

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ