音ゲー『Cytus II』が「初音ミク」コラボ記念で無料に。手軽なオープンワールドRPG『Throne Quest』360円→240円、古代エジプトSLG『Predynastic Egypt』600円→360円。他10本【スマホゲームアプリ セール情報】

 ここではスマホ(iOS / Android)のゲームアプリのセール情報をお届けしています。

 価格は当方で確認した時点のものです。急にセールが終わることもあるため、購入前には価格の確認を行ってください。
 アプリ名のリンクはiPhone ACのレビューページに移動します。

注目情報

台湾Rayarkの音楽ゲーム『Cytus II』が新アーティスト「初音ミク」追加記念で無料配布。

日本語化された古代エジプト創世シミュレーション『Predynastic Egypt』がセール開始。

オープンワールドのアクションRPGを手軽にアレンジした『Throne Quest』がセール。

テレビ番組『お願い!ランキング』で高評価を受けた『Million Onion Hotel』が特別セール実施。

文/カムライターオ


新着セールアプリ

『Cytus II』
iOS 240円 → 無料、Android 240円 → 無料
5/31 追加

 『Deemo』で知られる台湾のメーカーRayarkの音楽ゲームにして、ロングセラー作品『Cytus』の続編。
 管理された未来社会でライブを行うアーティストの活躍を描く、SFストーリー仕立ての音楽ゲーム。
 昨今のスマホの音楽ゲームはアイドル系のソーシャルゲームが多いが、それらとは一線を画すコアな音ゲーで、難易度は高め。
 新アーティストとして「初音ミク」が追加された記念セール。ただしミクのアンロックには1200円の課金が必要。


『Throne Quest』
iOS 360円 → 240円、Android 360円
5/31 追加

 広いフィールドとダンジョンを自由に旅する、オープンワールドのアクションRPGを手軽にアレンジした作品。
 『9th Dawn II』を作者が自らカジュアル化したもので、攻撃がショットになっているため、2スティック制の全方向スクロールシューティングのようなプレイ感になっている。
 文字がほとんど出てこないため、言語の問題はない。


『Predynastic Egypt』
iOS 600円 → 360円、Android 580円 → 290円
5/31 追加

 古代エジプトのさらに古代、エジプト文明誕生までの経緯を描いた歴史シミュレーションゲーム。
 『シヴィライゼーション』に似たシステムで、探索した地域に労働者を配置して食料や工業力を獲得、近隣部族を統合して勢力を拡大していく。
 4月のアップデートで日本語に対応した。


『Severed』
iOS 840円 → 240円
5/31 追加

 片腕の女剣士が敵の腕を切り落とす、スラッシュ剣撃アクションの3DダンジョンRPG。
 PS Vitaからの移植で、ダークな世界観ながら驚くほど遊びやすい、丁寧に作られた模範的作品。
 欧米各国のAppleが2016年度のベストiPadゲームに選出していた。Nintendo Switch版もある。


『三國志漢末霸業』

iOS 1200円 → 960円、Android 1200円
5/31 追加

 中国で作られた本格戦略シミュレーションの三国志。
 コーエーテクモの『三國志』シリーズの良いとこ取りをしているようなシステムで、日本では知られていない正史の武将も登場、データも驚くほど詳細で、「さすが本場」といえる内容。
 アップデートで「三国志」が「三國志」に変わった。字が違うとストアで検索できないので注意。セール多め。


『To The Moon』

iOS 600円 → 360円、Android 520円
5/31 追加

 死に往く者の記憶を改変し、幸せな気持ちで臨終を迎えさせる仕事をするふたりが、ある老人の記憶の中を旅するアドベンチャーゲーム。
 RPGツクールで作られているが、Steamで公開後、数々の表彰を受けた作品。


『Tikal』

iOS 480円 → 120円
5/31 追加

 1999年に「ドイツ年間ゲーム大賞」と「ドイツゲーム賞」をダブル受賞した作品「ティカル」のデジタル版。
 密林の中で遺跡の調査を行う行動力制のボードゲーム。


『Le Havre(The Harbor)』

iOS 600円 → 120円
5/31 追加

 2009年のドイツゲーム賞で2位になった作品『ルアーブル』のデジタル版。
 ゲームシステムが良くも悪くも複雑で、重量級のボードゲームといえるが、戦略性が高く、マニアの人気は高い。


『Reiner Knizia’s Ra』

iOS 480円 → 120円
5/31 追加

 場に出された商品を競り合う、ライナークニツィアの「三大競りゲーム」のひとつ『ラー』のデジタル版。
 1999年のドイツゲーム賞で2位になっている。
 古代エジプト文明がテーマで、場に出されたさまざまなタイルを、お金のチップを使って競り合う。


『Reiner Knizia’s Tigris & Euphrates』

iOS 480円 → 120円、Android 240円
5/31 追加

 1998年のドイツゲーム賞で1位になった、古代メソポタミア文明の興亡を神の視点で操るボードゲーム『チグリス&ユーフラテス』のデジタル版。
 見た目はシンプルだが、国家が現れては消えていく歴史絵巻のような壮大なテーマの作品。


『Reiner Knizia’s Medici HD』

iOS 480円 → 120円
5/31 追加

 場に出された商品を競り合う、ライナークニツィアの「三大競りゲーム」のひとつ『メディチ』のデジタル版。
 1995年の「ドイツ年間ゲーム大賞」ノミネート作で、大航海時代がテーマ。
 iPhone用とiPad用が別のアプリになっていたが、2017年に共用版ひとつにまとめられた。


『Roll For It!』
iOS 250円 → 120円、Android 240円 → 100円
5/31 追加

 サイコロを転がしてカードを取得していくシンプルなダイスゲームだが、そのルールはまるで「コンプガチャ」のゲーム化。
 確率の恐ろしさを体験できるゲーム。


『SteamWorld Heist』
iOS 1200円 → 600円
5/31 追加

 真横視点で銃撃戦が楽しめる、ターン制シミュレーションRPG。ロボットの宇宙西部劇。
 細密なグラフィックと、障害物に身を隠しながら跳弾で敵を狙う、ユニークなシステムを持つ。
 古い西部劇映画のような演出と、雰囲気の良いBGMも長所。Steam 版からの移植。

セール継続中のアプリ

『魔法少女マホのスイーツ争奪大作戦!』
iOS 360円 → 120円、Android 360円
5/24 追加

 中音ナタ先生が描く可愛らしいキャラクターと、お菓子の国がテーマのゆるい世界観が特徴の、和製ローグライク・カードゲーム。
 見た目に反して難易度は高めだが、このタイプのゲームとしては比較的シンプルで、親しみやすい雰囲気がある。
 先日当サイトで紹介したばかりだが、ちょうどセール開始。


『STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム』
iOS 3000円 → 2000円
5/24 追加

 アニメ化もされている大人気ノベルアドベンチャー『シュタインズゲート』の派生作のひとつ。
 「公式アンソロジー」といった内容で、各登場人物に焦点を当てた物語を、様々な作家が描いた短編集。
 相応のボリュームの作品が10本も入っているため、総量はかなりのもの。セリフはフルボイス。
 なお、Steamでは『STEINS;GATE ELITE』の特典になっており、Nitendo Switchでは派生作をまとめた『STEINS;GATE ダイバージェンシズ アソート』に同梱されている。


『Million Onion Hotel』
iOS 480円 → 120円、Android 480円 → 120円
5/21 追加

 タップでタマネギを消し、ラインをそろえるだけというシンプルなルールながら、妙に奥深いゲーム性と攻略難度を持つカジュアルパズル。
 雰囲気もストーリーもBGMもぶっ飛んでいる奇妙奇天烈なゲーム。
 5月20日の深夜に放送されたテレビ番組『お願い!ランキング』のスマホゲーム判定企画で、「神ゲー」認定された記念セール。

最近セールが終了したアプリ

『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』
iOS 2400円 → 1600円、Android 2400円 → 1600円
5/24~5/27 終了

 モンスターを集めて育成し、大会を勝ち抜いていく、『ドラクエ』の大人気スピンオフ作品。
 ニンテンドー3DS版をスマホに移植したもので、配合(合体)によるスキル継承により自由度の高いモンスターの強化が可能。
 スマホ版には手軽にゲームを進められる「オート戦闘」や「らくらく冒険」が追加されており、新モンスターやダンジョン深部も加えられていて、かなり拡張されている。
 5月27日の「ドラクエの日」にちなんだセール。


『ドラゴンクエスト』

iOS 360円 → 240円、Android 360円 → 240円
『ドラゴンクエスト II』
iOS 500円 → 360円、Android 500円 → 360円
『ドラゴンクエスト III』
iOS 1200円 → 840円、Android 1200円 → 840円
5/24~5/27 終了(すべて『ドラゴンクエストポータルアプリ』内)

 『ドラゴンクエストポータルアプリ』に同梱されている『ドラクエ』の『I』、『II』、『III』がそれぞれ値下げ。
 すべてポータルアプリ内の課金で購入を行う。
 いわゆる「ロト三部作」であり、特に『ドラクエIII』は名作と誉れ高い。
 『I』は勇者ひとりで旅をするJRPGの原点、『II』は三人パーティーでの冒険を行う。


『Motorsport Manager Mobile 3』
iOS 480円 → 無料、Android 580円 → 無料
5/24~5/30 終了

 本格派のレーシングチーム運営シミュレーションの3作目。プレイヤーは監督であり、自分でレースを行うわけではない。
 本部ではマシン開発やドライバー契約、施設の拡張などを行い、レース中は天候を見ながらタイヤ交換などのピットイン指示を出す。
 3作目からフォーミュラカーレースだけでなく、GTカーレースや耐久レースも加わった。無料配布なので必見。


『One Deck Dungeon』

iOS 1200円 → 600円 →840円、Android 1200円 → 600円 →940円
5/24~5/30 終了

 コンピューターゲーム風のアナログダイスゲームをコンピューターゲームに戻した、ダイスを使うローグライク的RPG。
 モンスターやトラップに遭遇すると、条件に合うダイスをボックスに収めていくバトルを行う。
 iOS/Android版はタブレット専用だったのだが、アップデートでスマホにも対応した。その記念セール。


『Sproggiwood』
iOS 600円 → 240円、Android 550円 → 240円
5/24~5/30 終了

 Steamから移植された、海外のローグライクRPG。日本の『不思議のダンジョン』系とはかなり異なる内容。
 システムやインターフェイスは簡潔だが、ローグライクらしさは十分で、アイテムではなくキャラクターが持つスキルを駆使し、敵が大量にひしめくダンジョンを突破していく。


『Forgotten Memories』

iOS 600円 → 240円
5/24~5/30 終了

 懐中電灯で闇を照らしながら廃病院を探索する、光と影が恐怖を煽るホラーゲーム。
 2015年の作品だが、そのグラフィックはいま見てもかなりの高レベル。
 アップデートで多国語化し、日本語にも対応した。
 あえて不自由にしているその作りは、世代によって賛否がわかれた。


『60 Seconds! Atomic Adventure』
iOS 480円 → 240円、Android 450円 → 160円
5/24~5/30 終了

 原爆投下までの60秒の間に急いで物資をかき集め、核シェルターで生き延びる、核戦争サバイバルゲーム。
 シンプルなゲームだがリアリティがあり、切迫したシェルター生活を体験できる。
 北朝鮮の核開発とミサイル発射により注目を集めていた作品。


『Sir Questionnaire』
iOS 480円 → 240円、Android 600円
5/24~5/30 終了

 進むか探すか、戦うか逃げるか、二択だけでサクサク進行する簡易的なローグライク。
 簡易的といっても難度は高く、運にも左右されが、手軽に繰り返すことができる。
 すぐ壊れてしまう装備をどう使うかがカギ。


『Reigns』

iOS 360円 → 120円、Android 320円
5/21~5/30 終了

 王様になって謁見者の質問に「YES」か「NO」で回答、それによって国のパワーバランスが変化する簡易国政ゲームの1作目。
 すぐに処刑されたり失脚したりする、ややブラックな作品でもある。
 数々の表彰を受けており、App StoreやGoogle Playでもたびたび推薦されている。


『Reigns: Her Majestys』

iOS 360円 → 120円、Android 320円
5/21~5/30 終了

 二択で国を運営する、ややブラックな簡易国政ゲームの2作目。今回は女王が主人公。
 相変わらず選択をミスるとすぐに失脚する。
 前作より謎解きは進めやすいが、やはり長生きは難しい。


『Reigns: Game of Thrones』

iOS 480円 → 240円、Android 430円 → 220円
5/21~5/30 終了

 YESとNOで国家を運営、権力バランスが崩れればたちまち悲惨な死を迎える国政ゲーム『Reigns』と、アメリカの叙事詩的大河ドラマ『Game of Thrones』がコラボしたシリーズ3作目。
 選んだ人物がもし「王」になったら、というifストーリーが展開される。
 ただし人物や用語の説明は一切ないため、原作の知識がないと理解困難。

関連記事:

魔法少女がキュートな敵とカードバトル!「お菓子」がテーマの国産ローグライク・カードゲーム【レビュー:魔法少女マホのスイーツ争奪大作戦!】

オープンワールドRPGを遊びやすく2DシューティングRPGにアレンジ。同作者『9th Dawn II』のカジュアル版?【レビュー:Throne Quest】

『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧