カプコンの初代『鬼武者』がSteamとPS4/Xbox One/Nintendo Switchで発売決定。金城氏のボイス再録、カメラ視点調整など大改修を経て蘇る

 米カプコンの公式ブログCapom-Unityにて、初代『鬼武者』(『Onimusha: Warlords』)が現行世代機向けにリリースされることが北米と欧州で発表された。対象プラットフォームはPC(Steam)およびPS4、Xbox One、Nintendo Switch。発売は2019年1月15日を予定。
 基本的なゲーム内容はオリジナル版とまったく同じだが、カプコンは公式サイトにて同作を“リメイク”(this remake)とも表現している。

 2001年にリリースされた初代『鬼武者』は、当時大きな成功を収めていた『バイオハザード』のゲームエンジンを使って開発が進められた3Dアクションゲーム。
 PlayStation 2のキラータイトルとして発売され、爽快感のあるアクション性や美麗な和の3Dビジュアルが高く評価された。また、俳優の金城武氏を主人公の声優およびキャラクターモデルとして起用したことでも話題となっている。

 その後シリーズは2002年に『鬼武者2』、2004年に『鬼武者3』が発売され、さらに2006年には『新 鬼武者 Dawn of Dreams』がリリース。シリーズ累計出荷本数は800万本を突破し、日本だけでなく北米や欧州でもいまだ続編を求める声が挙がるなど、根強い人気がある。

(画像はCapcom-Unity | Onimusha: Warlords arrives on PlayStation 4, Xbox One, Nintendo Switch, and Steam on January 15, 2019!より)

 注目したいのは、カプコンが同作をリメイクとも表現しているように、今回リリースされる初代『鬼武者』が単純な移植やHDリマスター作品ではないという点だ。
 たとえば金城武氏はゲストクリエイターとしてプロジェクトに参加しており、氏の日本語ボイスは再録、またサウンドトラックも新規にあらためて収録されているという。

 またビジュアル方面では、キャラクターや背景、カットシーンはHD水準にアップグレードされており、ゲーム中はいつでも画面比を4:3か16:9に変更可能。
 さらにワイドスクリーンでプレイする際に、背景がプレイヤーの移動に合わせてスクロールするという機能がわざわざ加えられている。これによって16:9になっても、画面内にエリア全てが映し出されてしまうのを防ぐ効果があるという。

 この他にもオリジナルの『バイオハザード』的ないわゆるラジコン操作に加え、現代的なアナログスティックでの移動方法も追加。また今作で初めて『鬼武者』をプレイするプレイヤー向けにイージーモードも追加されている。

移動することによってカメラ視点がスクロールする新機能。
(画像は『Onimusha: Warlords』公式サイトより)

 近年は全世界で1000万本出荷を達成した『モンスターハンター:ワールド』の成功が目覚ましいカプコンだが、『バイオハザード2』のリメイクである『バイオハザード RE:2』の開発も進めるなど、過去作のIPのリメイクやリマスターも推進している。
 今後もさらにカプコンの過去の名作が現行機やPCでもプレイできるようになっていけば、ゲーマーとしては嬉しい限りだ。

文/ishigenn

関連記事:

「いまの子どもたちは『モンハン』で怪獣を見ている」──特撮のプロが見た『モンスターハンター:ワールド』【カプコン藤岡要×『ウルトラマンオーブ』田口清隆監督対談】

『ストII』で格闘ゲームを生んだ伝説の男、西谷亮が挑むジャンルの再構築──『FIGHTING EX LAYER』にアリカが社運をかけて臨む理由【聞き手:「鉄拳」原田勝弘】

ライター
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ