『Devil May Cry 5』が『ロックマン11』とコラボ!デラックス・エディションにロックバスター付属。「ティウンティウン」まで再現された愉快なロックバスタートレイラーも公開

 カプコンは『Devil May Cry 5 Deluxe Edition』に付属するインゲームアイテムを発表した。その中でも特徴的なのが『ロックマン11』とコラボしたロックバスター型のデビルブレイカーだ。
 ロックマンでお馴染みのボスの紹介から「ティウンティウン」まで再現した、ロックバスターを使用する楽しいゲームプレイトレイラーも公開されている。

 『Devil May Cry 5』(以下、DMC5)はさまざまな武器を使うデビルハンターたちが、悪魔と戦うスタイリッシュアクションゲームだ。本作では、『Devil May Cry 4』で主人公をつとめたネロをふくめた3人がプレイアブルキャラクターとして登場する。

 ネロは前作の特徴であった悪魔の右腕を失った代わりに、相棒である武器アーティストのニコが作り出したデビルブレイカーと呼ばれる義手を利用して戦う。デビルブレイカーは耐久性と引き換えにした高性能さが売りだが、戦いの最中に壊れてしまうこともある。それゆえ、複数の義手を付け替えながら戦うスタイルとなる。

 今回発表されたロックバスターもそんなデビルブレイカーのひとつだ。ロックバスターを装備すれば、サイドロールやジャンプに特別なアクションも追加される。

『ロックマン11』で復活したチャージショットは『DMC5』でも使用できる。

 『DMC5 Deluxe Edition』にはロックバスターの他にも3種類のデビルブレイカーが付属する。反射レーザーを発射するデビルブレイカー「ガーベラ」の改造品である「ガーベラGP01」の他に、フォークが付いた「パスタブレイカー」や、柔らかい素材で作られマッサージ機能がついた「スウィートサレンダー」といった遊びの要素が強い楽しいものも用意されている。
 もうひとりの主人公であるダンテには「キャバリエーレR」という武器が追加される。

 この他、開発中に記録されたカットシーンの実写映像が収録され、これまでの『DMC』ナンバリングタイトルのバトルBGMに変更し、タイトルコールやスタイリッシュランクのアナウンス音声を変更できるようになる。

 なお今回の発表では、3人目のプレイアブルキャラクターとなると見られるVの姿も明らかにされており、こちらの続報にも期待したい。Ninja Theoryが開発した『DmC』から数えても実に6年ぶりとなる完全新作『DMC5』はPC、Xbox One、PS4で2019年3月8日発売予定だ。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

誰もが知っている『テトリス』を、誰も知らない「体験」に──ゲームの“体験性”を一歩先に進めた『テトリス・エフェクト』【水口哲也インタビュー】

水口哲也のハチャメチャ人生が『Rez』で人類を進化(?)させるまで。「制約が創造を生む」なんて、もう言い訳しない【ゲームの企画書:水口哲也氏】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧