南米スタジオが開発中のメガドライブ向け新作ゲーム『Kung Fu UFO』本格始動。80・90年代のSFやカンフー映画から影響を受けた16bitの2Dアクションゲーム

 ウルグアイのゲームデベロッパーRetro Nerveは、『Kung Fu UFO』の開発資金を募るクラウドファンディングキャンペーンをIndiegogoにて開始した。同作はセガが1988年に発売したゲームハード「メガドライブ」で動作する新作として開発されているタイトルである。

 クラウドファンディングでは、25ドル以上の支援でゲームのROMイメージが、50ドル以上の支援でメガドライブ用のカートリッジが配布される。70ドル以上の支援でボックスと説明書もついてくる。開発の進捗としては、主人公の動作といったコア部分はほぼ完了しており、現在はステージの設計やボスやザコ敵を配置する作業に入っているという。

メガドライブ向け新作『Kung Fu Ufo』。セーブ機能は存在せずパスワードを入力しなければならない。
(画像は『Kung Fu UFO』公式ページより)

 『Kung Fu UFO』は、80・90年代のSF映画やカンフー映画に影響を受けた、16bitの2Dアクションゲームだ。
 プレイヤーは南米のとある小国で育ったアジア系の少年Yongとなり、正体不明の盗賊にさらわれた母親を助けるために世界中を旅する。タイトルにUFOとついている通り、エイリアンも登場し、物語は彼の家族や過去だけでなく地球や銀河規模の戦いに発展するという。

 戦闘では、パンチとキックを使ったコンボと敵の攻撃を防ぐブロックに加え、スペシャルアタックやパワーを利用した攻撃手段も用意されている。敵は人間だけではなく、エイリアンも主人公Yongの行く手を阻むようだ。ゲームを進めるごとにYongはパワーアップしていき、攻撃手段も増えていく。
 2Dアクションゲームらしく手に汗握るボス戦や、バラエティに富んだボーナスステージも用意されているが、ボーナスステージにはバイクや飛行機を運転するシーンもあるという。このほかにも探索やパズル要素もあることが明らかにされている。

 『Kung Fu UFO』を開発するRetro Nerveは、Sebastian Abreu氏Javier Leal氏の2人のゲーム開発者が所属する、南米ウルグアイに拠点を置くデベロッパーだ。本作ではもうひとり、コンセプトアーティストのLuis Arellano氏を迎えて3人で制作している。
 デベロッパーとしてはこれが処女作となるが、Abreu氏はコンポーザーとして30以上のゲームソフトに携わり、6年間ゲーム開発学校で教鞭を取ったという。Leal氏はゲームデザイナーやアーティストとして10年以上ゲーム開発に携わるベテランだ。

 2019年12月発売予定の本編に先駆け、Indiegogoのキャンペーンページではアルファ版のデモも公開されている。メガドライブ用ということで、配布形式はROMのみとなっている。プレイするにはメガドライブ用のエミュレーターか、あるいはROMデータを書き込めるカートリッジが必要だが、気になったプレイヤーはぜひ触れてみてほしい。

 またIndiegogoでのキャンペーン向けに、ゲーム映像だけでなく開発風景や、なぜか開発者がギターを弾く様子まで収録した、どこか90年代の懐かしい雰囲気が漂うトレイラーも公開されている。

 近年復刻ゲーム機や互換機の人気がさらに高まっており、レトロゲーム機向けに新作をリリースするデベロッパーも増えている。さらに南米は近年でも頻繁に互換機が発売されるほどメガドライブの人気が高かった地域で、今後も『Kung Fu UFO』のような作品は定期的に登場していくのかもしれない。本作の完成は2019年12月と少し遠いが、ほとんど日本の裏側に位置するウルグアイでレトロゲーム開発に燃えるデベロッパーへ支援してみてはいかがだろうか。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

誰もが知っている『テトリス』を、誰も知らない「体験」に──ゲームの“体験性”を一歩先に進めた『テトリス・エフェクト』【水口哲也インタビュー】

水口哲也のハチャメチャ人生が『Rez』で人類を進化(?)させるまで。「制約が創造を生む」なんて、もう言い訳しない【ゲームの企画書:水口哲也氏】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧