『Metro 2033』がSteamで24時間限定で無料。核戦争により崩壊した文明のその後の姿を描くサバイバルホラーFPS

 モスクワの地下鉄網を舞台にしたサバイバルホラーFPS『Metro 2033』Steamにて、24時間限定で無料配布されている。公式Twitterアカウントによれば、配布期間は10月27日午前2時までとなっている。

 なお今回配布されているのは2014年に発売されたグラフィックアップデート版『Metro 2033 Redux』ではなく2010年に発売されたオリジナル版だが、どちらもゲームの内容に大きな違いはない。
 Steamアカウントを持っていれば『Metro 2033』ストアページにアクセスし、「ゲームをインストール」ボタンを押すだけでアカウントに登録され、いつでも遊べるようになる。

 『Metro 2033』はロシアの作家ドミトリー・グルホフスキーの同名の小説を原作にしたFPSだ。舞台は核戦争により人類が住めなくなるほど地上が汚染され、地下鉄へと逃げ延びた未来のモスクワ。地下鉄駅が街の役割をし、線路を通じて各駅がほそぼそと交流している。
 しかし、地下も危険と無縁ではなく、放射線の影響で変異したミュータント、アノマリーと呼ばれる超常現象、そして全く別の存在である「ダークワンズ」といった脅威にさらされていた。

 ゲームの主人公は小説版と同じアルチョムと呼ばれる青年だ。ゲームでは「レンジャー」と呼ばれるミュータントの脅威と戦う組織の一員として、人類にとって絶望的な状況に追い込まれつつある世界を旅することになる。

 グラフィックは、GSC Game Worldの『S.T.A.L.K.E.R.』シリーズとよく似た雰囲気となっている。これは開発を担当した4A GamesにGSC Game World出身者が多数所属しており、『S.T.A.L.K.E.R.』のX-Ray Engineを作ったエンジニアも在籍していたからだ。4A Engineで描かれる暗く薄汚れた世界は、発売から8年が経った今でも一見の価値がある。

(画像は『Metro 2033』Steam Storeより)
(画像は『Metro 2033』Steam Storeより)

 『Metro 2033』は、地下世界の恐怖、貧困やイデオロギーといった理由で、どんな危機に瀕してもお互いに戦うことをやめない人類の愚かな姿を描き高い評価を得た。2013年には続編である『Metro Last Light』が発売され、最新作となる『Metro Exodus』が2019年2月22日発売予定。これら3作は全てアルチョムが主人公となっている。

 もし本作をプレイしたことが無いのなら、オープンワールドとなり雰囲気を大きく変えた最新作の前に、シリーズの始まりとなる『Metro 2033』を是非プレイしてみてほしい。

※シリーズ最新作『Metro Exodus』の日本語トレイラー

文/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ