野村氏が『キングダム ハーツIII』の開発完了を報告。発表から5年を経てついに来年1月に発売へ

 スクウェア・エニックスの野村哲也氏は、『キングダム ハーツIII』の開発がすでに完了していることをTwitter上で報告した。あわせて海外の映画館で上映されているロング版トレイラーの映像が公開されている。

 『キングダム ハーツIII』は、2005年12月に発売された前作『キングダム ハーツII』以来となる、十数年ぶりのシリーズナンバリング作品となる。初代から語られてきた「ダークシーカー編」の完結編であり、主人公ソラと宿敵マスター・ゼアノートとの戦いの決着が描かれる予定だ。

 シリーズの特徴であるディズニー作品の世界観を巡る構造は本作でも健在で、今作では『塔の上のラプンツェル』『アナと雪の女王』『トイ・ストーリー』『ベイマックス』『モンスターズ・インク』『パイレーツ・オブ・カリビアン』などの世界観が登場することが予告されている。

(画像はYouTube | KINGDOM HEARTS III Cinema trailer(Western Ver.) より)

 『キングダム ハーツIII』は2013年6月のE3においてSCE(現SIE)のプレスカンファレンスにて正式発表された。当初は野村氏が『ファイナルファンタジーXV』(旧『Versus XIII』)と並行してディレクションを担当していたが、2014年には『キングダム ハーツIII』へと集中し、ゲームエンジンもUnreal Engine 4を採用するなど、開発体制においていくつかの変更があった。

 長年にわたりファンを待たせてきた同作は、2017年に当初2018年内のリリースが発表。のちに全世界同時発売を考慮し2019年1月へと発売は延期されたが、今回の完成報告を見るにこれ以上の延期はないと考えてよいだろう。

 発表からは5年、前作からは13年振りとなるシリーズナンバリングタイトル『キングダム ハーツIII』は、国内でPlayStation 4とXbox One向けに2019年1月25日にリリース予定(ほか地域では1月29日)だ。

文/ishigenn

関連記事:

『キングダムハーツIII』発売記念のPS4限定モデル予約開始!オリジナルテーマも付属、10月末まではトップカバー単品販売も

技術力が高すぎて「大手企業がバックにいるのでは?」と噂されていたVTuber集団、実は『ドラクエX』『ニーア』のスクエニ齊藤Pによるバーチャルアイドルグループだった──「GEMS COMPANY」珠根うた含む各メンバー総まとめ

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ