「勇者」VS「村人」、民家に押し入ってアイテムを奪うのは正義なのか悪なのか? 対戦アクションゲーム『Heroes Ravage』正式発表

 ポルトガルに拠点を置くPixel Dinosは新作アクションゲーム『Heroes Ravage』を発表した。村人とヒーロー(勇者)に別れて戦う4対4のマルチプレイゲームで、『ゼルダの伝説』から影響を受けたと見られるネタが節々に仕込まれている。

 12月初旬にαテストの開始が予告されており、公式サイトからテスター登録が行える。

 『Heroes Ravage』は、世界を救うために民家に押し入って物を盗もうとするヒーローと、それを阻止しようとする村人に分かれて戦う最大4対4のマルチプレイアクションゲームだ。両チームは『ゼルダの伝説』のルピーに見た目がよく似たクリスタルを奪い合い、制限時間内により多くを保持した方が勝利となる。

 戦闘にはふたつの段階があり、まず最初は「準備フェーズ」が存在する。この間にヒーローチームはモンスターを倒し、村人との戦いに備えて素材を集めてポーションや爆弾といったさまざまなアイテムを製作する。

 そのあいだ、村人チームは家のなかに罠を準備し、クリスタルを隠してヒーローチームを迎え撃つ準備を行う。床から針が飛び出す罠や落とし穴から、怒れるニワトリのようなユニークなものが用意されている。罠だけでなく宝箱やツボ、家具といった破壊可能でクリスタルを隠せるものや、絵画のようなアイテムで家を飾り付けることもできる。

(画像は『Heroes Ravage』公式サイトより)
(画像は『Heroes Ravage』公式サイトより)

 準備フェーズが終わったあと、ヒーローが家へと押し入る「略奪フェーズ」が始まる。ここで両チームが対峙し、クリスタルを奪い合うことになる。

 剣や斧といった近接武器を装備したオーソドックスなヒーローから、フックショットで移動したりブーメランで遠くの物を攻撃するヒーローまで、ヒーローの種類は全4種。ただし、多くのRPGと同様、村人への直接攻撃は許されていない。一方で、設置された爆弾や罠を逆に利用して村人を倒すことは可能だという。

(画像は『Heroes Ravage』公式サイトより)
(画像は『Heroes Ravage』公式サイトより)

 略奪フェーズではクリスタルを探すため、ヒーロチームは罠だけでなく宝箱やツボなどの家具まで破壊していく。その様子はまさにRavage(略奪)と呼ぶに相応しい絵面となる。

 対戦中の復活の有無や準備フェーズの長さなどはまだ詳しく発表されておらず、具体的にどういった形の対戦ゲームになるかはまだ不明だが、12月初旬のアルファテストでさらなる詳細がわかるだろう。

 本作を製作するPixel Dinosは、ポルトガルに拠点を置くゲームデベロッパーだ。プログラマーのMarcelo Norberto氏、アニメーターでアーティストのD Overlord氏、そしてサウンドデザイナーのMario氏の3人が所属している。『Heroes Ravage』を作るために結成されたデベロッパーだ。

 前者2人はこのゲームに挑戦するために仕事を辞めてフルタイムで働いており、開発期間は1年半になるという。現在はアルファテストを通じ、ゲームの資金を援助してくれるパブリッシャーを探しているようだ。

(画像は『Heroes Ravage』公式サイトより)

 主人公たちがNPCの家に押し入りさまざまな物品を奪っていくという行動は、古来よりRPGのツッコミどころとしてさまざまな媒体でパロディされてきた定番ネタだが、本作はそれ自体を対戦ゲームにしてしまっている。
 世界観や雰囲気はブーメランやフックショット、怒れるニワトリなどからも『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』だということがわかるが、開発陣はほかにも『Rainbow Six Siege』を挙げており、『Heroes Rave』は同作の殺し合いがないバージョンのようだと説明している。 

 協力重視でなかなか難しそうなマルチプレイゲームだが、アルファテストは無料でプレイできるようだ。気になる人は『Heroes Ravage』公式サイトからテスター登録して、12月初旬に開始予定のアルファテストに参加してみてほしい。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

2018年注目のダンジョンRPGは“移植作“。Nintendo Switch版『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』は2年の時を経てもまだ色あせない

RPGツクール製ホラーゲーム『魔女の家』のリメイク版がリリース開始。洋館に迷い込んだ少女を襲う恐怖体験を新規グラフィックと追加シナリオで描く

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ