『メトロ エクソダス』国内発売日が2月22日に決定。アルチョムが核戦争後のロシアを行く日本語吹き替えトレイラーも公開

 スパイク・チュンソフトは『メトロ エクソダス』の国内発売日が海外と同じ2019年2月22日であることを発表し、日本語吹き替えトレイラーを公開した。

 吹き替えには主人公のアルチョムを演じるてらそままさき氏をはじめ、主要キャラクターの日本語ボイスは過去作と同じキャスト陣が担当するとのこと。また音声・字幕はいずれも英語・日本語・ロシア語で切り替えが可能だ。舞台は前作『メトロ ラストライト』の2年後、2036年が舞台となる。

 『メトロ』シリーズは、ドミトリー・グルホフスキーによるSF小説『メトロ 2033』を原作したウクライナのゲームスタジオ4A Gamesが開発しているゲームだ。これまで『メトロ2033』、『メトロ ラスト・ライト』とシリーズが続いており、『メトロ エクソダス』で3作目になる。

 本作の世界観はポストアポカリプスもの。2013年に起こった核戦争によって荒廃した20年後の地球を舞台に、被害を逃れた人々がメトロ(モスクワ地下鉄)を核シェルター代わりにして、身を潜め暮らしている。地上では放射線で被爆して突然変異したミュータントが生息しており人間を襲ってくる。サイバルホラーとステルスを主軸にしたFPSであり、内省的な主人公の青年アルチョムの旅を描く。

 最新作『メトロ エクソダス』は4A Gamesによって2014年から開発され、蒸気機関車「オーロラ号」でアルチョムがロシア全土を横断する旅に出るという。これまでのシリーズでは雪に覆われた冬のモスクワがおもな舞台だったが、本作では降り立つ場所によって春・夏・秋と季節が変化していくという。

(画像は英語版Metro Exodus公式サイトより)

 国内発売はPS4とXbox Oneから発売され、通常版は7800円(税別)。ダウンロード専用の「ゴールドエディション」があり、シーズンパスが同根される。またPS4版だけダイナミックテーマ「Spring」と、サウンドトラックが付属する。

 またパッケージ版の早期購入特典、ダウンロード版の予約特典として、PS4版ではダイナミックテーマ「Winter」、Xbox Oneではシリーズの初代『メトロ 2033』のダウンロードコードが付属する。海外と同じ2月22日発売されることが決まり、日本のプレイヤーもいち早くプレイするが決まった本作。過去作をこたつで温まりながら予習しつつ、寒々とした核戦争後のロシアに想いをはせながら、楽しみに待っていよう。

文/福山幸司

関連記事:

『Metro 2033』がSteamで24時間限定で無料。核戦争により崩壊した文明のその後の姿を描くサバイバルホラーFPS

『ヤマト』の宇宙はなぜ青い? 『コードギアス』に人型ロボットが出る理由は? 制作者が作品に落とし込む宇宙SFの“リアリティ”とは

著者
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧