「農業ゲーム」が世界一上手い奴は誰だ。『Farming Simulator 19』eスポーツ大会、欧州で賞金総額3100万円を掛けたトーナメント開催

 Giants Softwareは『Farming Simulator 19』の公式eスポーツリーグ「Farming Simulator League」(以下、FSL)の設立を発表した。賞金総額は25万ユーロ(約3100万円)

 トーナメントはヨーロッパの10の地域で行われ、シーズンの最後は各トーナメントの優勝者が総額10万ユーロ(約1200万円)の賞金と「Farming Simulator Champion」の栄誉を目指して戦う。FSLの試合形式やルールはまだ発表されていない。3対3のチーム戦で実際の農業のフィールドワークを基にした楽しさとやりがいのあるものになる、ということだけが発表されている。

(画像は『Farming Simulator』公式サイトより)

 『Farming Simulator』シリーズのeスポーツリーグは、GIGABYTEのスポンサーのもと2017年にスタートした。2018年にはさらに拡大され、スイス、ドイツ、ポーランドの3カ国で大会が開かれている。10月にスイスで行われた「The Farming Simulator Championship」は、賞金総額3000ユーロ(約370万円)の大会となった。スイスの大会では、最大8分間の間に干し草を押し固めたベールを20個作り、フィールド中央のローダーにより早く積み上げたチームが優勝というルールが採用された。

 過去の大会はゲームフェスを利用したワンデイトーナメントだったが、FSLは地区トーナメントとファイナルリーグが用意された、より本格的なeSportsトーナメントとなる。ロジクールG、インテル、そしてニトラドの3社がスポンサーとして協力することが発表されている。

(画像はSteam『Farming Simulator 19』より)

 Giants Softwareはこれまでも『Red Dead Redemption 2』の発売に合わせ、かなり雰囲気を寄せたトレイラー「Red Farm Redemption」を発表したり、『Farming Simulator 19』の限定版のためにコモドール64用ゲーム「Farming Simulator C64」を製作するなど、農業シムの可能性を模索し続けてきた。

 農業シムの新たな可能性を追求するeSportsリーグは、一体どのようなドラマを生み出すのだろうか。続報が楽しみだ。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

世界の「eスポーツ」ゲームいくつ言えるかな? いま熱い競技シーンから、eスポーツの条件を考えてみる

「eスポーツってなに? スポーツがゲーム? プロゲーマーって何者?」──乙女ゲーマーが感じる“eスポーツの疑問“をプロゲーマーに直撃!

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ