あの同時接続6000人の宇宙戦争を超える「1万人によるデスマッチ」。『EVE Online』の開発スタジオが技術デモ『AETHER WARS』のテストを実施へ

 『EVE Online』のCCP Gamesは、1万人が同時に参加可能な技術デモ『EVE: AETHER WARS』発表した。公式サイトではテスター登録も行われている。価格は無料。テストはGDC 2019会期中の現地時間3月20日にスタートする予定だ。

(画像は『EVE Online』公式サイトより)

 『EVE: AETHER WARS』は、『EVE Online』や『EVE: Valkyrie』のようなゲームではなく、CCPによる将来的な大規模マルチプレイのための技術デモという位置づけとなっている。Hadean社と共同で開発したクラウドベースのシミュレーションエンジン「Aether Engine」を利用した大規模なマルチプレイを実現している。

 技術デモとはいえきちんと遊ぶことが可能で、1万人のプレイヤーが宇宙船を操り、デスマッチを繰り広げる内容となっている。撃墜されても復活可能で、制限時間までにもっとも多くの敵を倒したプレイヤーの勝利となる。

 『EVE Online』は2003年にリリースされた宇宙を舞台とするMMORPGだ。プレイヤーは自分の宇宙船に乗り、戦闘から生産、採掘、商売など自分の望む生活をおくることができる。多数のプレイヤーが参加する宇宙戦争がときおり勃発することでも知られ、2018年1月には6000人以上がひとつの戦闘に参加する大規模な戦闘が発生。もっとも多くのプレイヤーが参加した単一の戦闘としてギネスワールドレコードに登録された。

 ただし、これはCCPにとってもプレイヤーにとっても、手放しで喜べるものではなかった。2016年にアップデートされた「TRANQUILITY TECH III」と呼ばれるサーバーでは、これほど大規模な戦闘を完全に再現することが出来なかったからだ。サーバーの応答遅延による不快なゲームプレイは、華やかな数字の裏で大きな技術的課題を突きつけることになった。

(画像は『EVE: AETHER WARS』公式サイトより)

 『EVE:AETHER WARS』で得られた知見は、将来的に『EVE Online』にも反映されると発表されているが、どのような形で反映されるかは明かされていない。しかし、『EVE:AETHER WARS』で1万人のプレイヤーが参加できる巨大な戦場を再現するのは、上記の技術的な課題をクリアする目的であることは間違いない。

 現在、『EVE:AETHER WARS』は公式サイトで参加者を募集中だ。1万人が同時に参加できる戦場を提供する「Aether Engine」で、ギネス記録に挑戦してみるのはいかがだろうか?

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

太陽系から6万光年以上遠い宇宙で漂流したプレイヤー、生還へ。『Elite: Dangerous』の世界で2ヶ月以上にわたって続いた救出作戦が成功

『ヤマト』の宇宙はなぜ青い? 『コードギアス』に人型ロボットが出る理由は? 制作者が作品に落とし込む宇宙SFの“リアリティ”とは

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧