『Detroit: Become Human』と『Heavy Rain』、『Beyond: Two Souls』のPC版が正式発表。Quantic DreamのPS向け3作がマルチ展開へ

 Epic Gamesは、Quantic Dreamが開発した『Heavy Rain』、『Beyond: Two Souls』、『Detroit: Become Human』のPC版を正式発表した。販売プラットフォームはいずれもEpic Games Store独占、リリース時期は2019年中とされている。

 Epic Games Storeでは『Detroit: Become Human』『Beyond: Two Souls』のストアページがすでに開設されており、それぞれ日本語での解説文が掲載されている。

(画像はTwitter@Quantic Dreamより)

 3作はいずれもPlayStationプラットフォーム向けにリリースされてきた3Dアドベンチャーゲーム。2010年に発売された『Heavy Rain』は、「折り紙殺人事件」の真相を複数のキャラクターの視点から追う内容で、さまざまなゲーム内の動きをコントローラで操作するインタラクティブ性や、プレイヤーの選択によって大きく様変わりする物語が高い評価を受けた。不思議な能力を持つ少女が主役の『Beyond: Two Souls』(2013)、そして人類に反旗をひるがえすAIたちを描いた『Detroit: Become Human』(2018)も、同様の手法を取った作品となっている。

 PlayStationプラットフォームで展開されてきた3作がPC向けに発売されるというサプライズ発表となったが、今年1月には中国のオンラインゲーム運営企業NetEase GamesがQuantic Dreamの少数株を取得し、同社の作品をマルチプラットフォーム向けに展開することを明らかにしていた。

『Detroit: Become Human』開発元の少数株を中国大手NetEaseが取得、マルチプラットフォーム参入への布石に

 また今回の発表は、GDC 2019におけるEpic Gamesの公演にて明らかにされたもので、ほかにもRemedy Gamesの『Control』やObsidian Entertainmentの『The Outer Worlds』などがEpic Games Storeで販売されることもアナウンス。また、先日Epic Games Store独占でリリースされた『Metro: Exodus』のセールスが、Steamで販売された『Metro: Last Light』の2.5倍売れたといった話も飛び出すなど、同プラットフォームの好調さがアピールされた。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧