スイッチ向け『Nintendo Labo: VR Kit』では「VRゲーム」が自作可能。収録コンテンツを紹介する最新映像が公開

 任天堂は4月12日に発売を予定している『Nintendo Labo: VR Kit』の紹介映像公開した。

(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)

 本作はスイッチで手軽にVR体験を楽しめる作品で、VRゴーグルと5種類の専用コントローラーを作ることができる。

 今回公開された動画では、それぞれのコントローラーで遊べるゲームのほか、64種類のゲームが遊べる「VRひろば」やゲームを自作できる「Toy-ConガレージVR」の紹介をしている。

 特に「Toy-ConガレージVR」はVRゲームをプレイヤーが手軽に作成できるという点が珍しく、想像力しだいでは遊び方が無限大という意味で注目したい機能だ。

Toy-ConガレージVR

(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)
(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)
(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)

 「Toy-ConガレージVR」は3D空間にモノを置いたりキャラを動かしてゲームを作ることができる。キャラの動きから地形の配置ゴールの設定等もでき、自由度の高いゲーム作成が楽しめそうだ。
 公式サイトによると、もともと用意されている64種類のサンプルゲームを改造して遊ぶことも可能で、自作ゲーム初心者でも取り組みやすい設計だ。

バズーカToy-Con

(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)
(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)

 グリップを引いて弾を装填し、ロックオンや時間停止などのテクニックを使いながら敵を倒していく。VRゲームのため、360度どこでも見渡せてバズーカを撃てることが特徴。

 ふたり対戦ゲーム「カバズーカ」では、フルーツを吸い込んでカバの口をめがけて発射させていく。うまく食べさせれば自分のエリア内にカバが移動し、カバを多く集めた方が勝ちとなる。ゲームはひとつのバズーカToy-Conをふたりで交互に使って進めていく。

風Toy-Con

(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)

 プレイヤーはカエルになって、おもちゃのクマから発射されるボールをタイミング良くジャンプで避けていく。はるか上空にあるゴールを目指すことが目的。高く飛ぶほど熊の数も増えてボールの数も変則的になっていく。
 風Toy-Conを踏むと風が吹いて、実際に飛んでいるような体験ができるとのこと。

トリToy-Con

(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)
(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)

 鳥に乗って世界中の雛を仲間にしながら大空を自由に飛ぶことができる。雛はリンゴや魚を集めて食べさせると仲間にできる。操作はグリップを握れば羽ばたき、傾ければ旋回が可能。

 トリToy-Conでは、チェックポイントを通過しながらゴールを目指すゲーム「トリラリー」も遊べる。

ゾウToy-Con

(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)
(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)

 ゾウToy-Conの鼻部分を動かして空間に絵具を置いていくようにして絵を描いていく。図形ツール、消しゴム、エフェクトペン、照明効果などのペイントツールもあり。

 また、板を動かしてボールをうまく動かす「積み木パズル」も遊べる。

カメラToy-Con

(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)
(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)

 提示されたお題に合わせて海の魚や、小屋の中に住む不思議な生き物などを撮影していく。狙いを定めてズームをして、シャッターを押せば撮影できる。

VRひろば

(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)
(画像はNintendo Labo VR KIT 紹介映像 – YouTubeより)

 本作は上記のToy-Conを使ったゲームのほかに、VRを使った遊びを64種類収録している。たとえば、UFOキャッチャーや楽器演奏なども可能。
 操作もJoy-Conを直接使うものからToy-Conを使うものまで、さまざまとなっている。

ライター/ムニエル

関連記事:スイッチで手軽にVR体験を楽しめる『Nintendo Labo: VR Kit』が4月12日発売。VRゴーグルと5種類の専用コントローラーを段ボールで作ろう

『Nintendo Labo: VR Kit』発表と同時にTwitterでまさかの「バーチャルボーイ」がトレンド入り。これまで立体映像に挑戦してきた任天堂の歴史

ライター
ムニエル
大学時代はフリーライターとしてスマートフォンゲーム、インディーゲーム、eスポーツ関連の記事を執筆。週刊誌の編集も経験する。DTMを嗜み、特にゲームBGMとクラシックを愛する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧