『シャンティ』シリーズ最新作が正式発表。対象プラットフォームにはPCと据え置き機に加えスマートフォンも

 WayForwardは2Dアクションゲーム『シャンティ 5』(Shantae 5)を発表した。プラットフォームはこれまでシリーズがリリースされていたPlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、PCに加え、今年秋にサービスが開始される予定のゲーム定額遊び放題サービス「Apple Arcade」でも遊べる。発売は2019年後半。

 スマートフォンで遊べる『シャンティ』は2011年に発売されたiOS版『シャンティ ~リスキーの復讐~』(Shantae: Risky’s Revenge)以来、ひさしぶりの登場となる。

(画像はWayForward公式Twitterアカウントより)

 『シャンティ』は、ベリーダンスを踊って魔法を使ったり変身したりする能力を持つ少女シャンティが主役の2Dアクションゲームだ。2002年にゲームボーイカラー用ゲームとしてカプコンから発売された。ゲームボーイカラー末期の作品であり、ソフト自体の流通量が少なく日本でもリリースされなかったことから、当時は日本ではマイナーな作品だった。

 しかし2010年にNintendo DSiでリリースされた2作目『Shantae: Risky’s Revenge』は、2016年にローカライズされ日本でも発売。2015年に日本で発売された3作目、『Shantae and the Pirate’s Curse』のローカライズ版『シャンティ -海賊の呪い-』とともに、『シャンティ』シリーズの国内での知名度を大きく上げることになる。

 2018年にはシリーズ4作目となる『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』が日本でリリースされている。

(画像はSteam | 『Shantae and the Pirate’s Curse』より)

 『シャンティ5』についてはプラットフォームと大まかな発売日以外は未発表だ。これまでのシリーズ同様可愛らしいドットグラフィックの2Dアクションゲームになると予想されるが、今度はどんな冒険が待ち受けているのだろうか。続報を待ちたい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

Apple、定額ゲーム遊び放題サービス「Apple Arcade」を今秋サービス開始へ。坂口博信の新作『FANTASIAN』も正式発表

“ヴァニア”元プロデューサー・IGA氏が「メトロイドヴァニア」を語る──『サムスリターンズ』から受けた衝撃と新作“IGAヴァニア”に注ぎ込んだ想い【インタビュー】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧