中国で2億人のユーザーを抱える巨大ゲームストア「WeGame」が海外展開を開始。「WeGame X」としてリリース

 テンセントは自社が展開するゲームクライアント「WeGame」を世界向けに展開する「WeGame X」のベータ版をリリースした。ブラウザからアクセスできるストアフロントもオープンされている。昨年夏に「WeGame」のグローバル展開を示唆していたテンセントだが、これがその第一歩となるようだ。

(画像は「WeGame X」公式サイトより)

 ベータ版では、ストアに中国のインディーゲームやテンセントの傘下であるNEXT Studioのフリーリズムゲーム『Nishan Shaman』など、22本(そのうち近日リリース予定が5本)のタイトルが並んでいる。

 本家中国の「WeGame」では現在約170タイトルがリリースされており、かなり少ない印象だが、公式サイトでは今後リリースされるAAAタイトルの予告として、Deep Silver、Larian Studios、Hello Gamesの参加が発表されている。ただしどういったタイトルがリリースされるのか、具体的なタイトルは不明だ。

(画像はWeGame X | 『Nishan Shaman』より)

 ストアページを確認すると、Steamなどでも見られる一般的なストア機能が搭載されていることがわかる。ページにはゲームの基本情報、スクリーンショットやムービー、ユーザーレビュー、ユーザータグなどがひととおり配置されている。また、返金ポリシーもすでに公開されており、Steamと同じく購入2週間以内、2時間以下のプレイタイムの場合は返金可能となっている。

 Steamとの違いとしては、ローカライズされているかどうかはゲームの特徴リストからわかるものの、どの言語に対応しているかは現状ではわからない点が挙げられる。フォーラムが見当たらないのも大きな違いのひとつと言えるだろう。

 またWeGame X独自の機能として、クライアントにはTwitterライクなソーシャル機能が搭載されている。Steamのアクティビティにも少し似ているが、フレンド以外のユーザーのつぶやきも表示されるようになっている。こちらも現在ベータ版のため書き込みは少ないが、ハムスターのスタンプやネコの写真なども見られ、必ずしもゲームに関係したものだけが書き込まれているわけではないようだ。

 気になるのは、やはりテンセントが40%の株を保有するEpic GamesのストアサービスEpic Games Storeとの競合だ。国外はもとより中国でも話題になっており、中国のゲームメディアGamerskyのコメント欄では「Epic Games Storeはどうなりますか?」、「父と子の争いになった。」などの書き込みが続いている。

 ValveがSteam Chinaを中国で展開しようとしているなか、現在中国で2億人以上のユーザーを抱えると言われるWeGameが、今後どのような形で国外展開をはかるのか。急速に混迷を極めるゲームプラットフォーム事業の今後に注目したい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

バトロワブーム、脱Steam、中国で進むゲーム規制。2019年も注目すべきゲーム業界の3つの動き

中国で「Valveのゲイブ・ニューウェル」がパッケージの巨大パンツ商品が発見される。過去にも目撃情報、3年前から販売か

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧