幻想的な世界を旅するアドベンチャーゲーム『Voyage』が美しい。非言語・非暴力でひとりでもふたりでも遊べる協力型ゲーム

 Venturousは、協力プレイを特徴としたアドベンチャーゲーム『Voyage』を発表した。2019年リリース予定。価格は15ドル。Steam以外のプラットフォームでのリリースは未定となっている。

 『Voyage』はひとり、またはローカルマルチプレイによるふたりでの協力プレイに対応したアドベンチャーゲームだ。砂漠や森、古代遺跡やSF風の未来的な建物まで、さまざまな場所を探索する。開発陣は同作を「映画のようなアドベンチャーゲーム」としており、もとにいた場所に帰ろうとする生存者が主役となる。その中で、忘れ去られた過去の答えを見出すことになるそうだ。

 ゲームは言語に依存しないストーリーとなっており、暴力も存在しない。幻想的な世界をふたりで旅をしていく。道中にはコンセプトの時点で「幽霊」と呼ばれていた住人たちも登場し、彼らは世界の謎や物語において重要な役割を持つという。

(画像は『Voyage』公式サイトより)

 

(画像は『Voyage』公式サイトより)

 『Voyage』はもともと『Yonder』として2015年に発表された。発表時にはすでに上記のゲームの基本的なシステムは決定しており、現在のものと謙遜のないスクリーンショットも公開されていたが、開発にはかなり時間がかけられたようだ。Venturousはふたりの兄弟ゲームデベロッパーであり、ゲーム制作も『Voyage』が初めてだという。

 この2015年の発表時点では、ゲームはシングルマルチにかかわらず、主人公ふたりのキャラクターを使って困難を乗り越える内容になるとされていた。たとえば、ひとりの力では乗り越えられない壁を片方が相手をリフトアップして壁に登り、登ったほうが残ったひとりを引き上げるといったアクションが用意されている。そして詳細は不明だが、残されたひとりを置き去りにして先に進むことすら可能だとVenturousは解説している。
 なおふたりのキャラクターをひとりで動かすのは複雑になるため、シングルプレイではプレイヤーをAIが補助する。マルチプレイで協力する感覚をシングルプレイでも発生させることが目標だという。

(画像は『Voyage』公式サイトより)
(画像は『Voyage』公式サイトより)

 ゲーム同様、開発も兄弟が二人三脚で進める『Voyage』。4年の開発の末ついに2019年に発売される。興味がある方はSteamのウィッシュリストに入れ、発売を待ってほしい。

ライター/福山幸司

関連記事:

レトルト「作者自身が見た悪夢をゲーム化」『Neverending Nightmares』【ホラゲレビュー百物語】

業界歴25年、5社目にして独立を果たした男が作ったアドベンチャーゲーム『偽りの黒真珠』は、ファミコンテイストが溢れていた。「8ビットの表現で、新しいものを作り続けたい」

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧