『スマブラSP』追加ファイター第4弾「勇者」の配信日が7月31日に決定。『ドラクエ』の主人公たちがついに大乱闘へ参戦

 ディレクターの桜井政博氏は、Nintendo Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(以下、スマブラSP)の新ファイター「勇者」を7月31日に配信すると発表した。単体で602円(税別)、ファイター5人のセットでの購入となる「ファイターパス」は2500円(税別)となる。

 新ファイターの「勇者」は今年6月のゲームイベントE3にて正式発表された、『ペルソナ5』の「ジョーカー」に続く第2弾の『スマブラSP』追加ファイターだ。『ドラゴンクエスト』(以下、ドラクエ)シリーズの勇者がモチーフとなっており、カラーバリエーションで『ドラクエ3』、『ドラクエ4』、『ドラクエ8』、『ドラクエ11』の主人公たちを選ぶことが可能。また、最後の切り札「ギガスラッシュ」には歴代の主人公たちが全員登場する。

 さらに今回の映像ではキャラクターボイスも明らかにされた。『ドラクエ11』勇者の声を斎賀みつき、『ドラクエ3』勇者の声を檜山修之、『ドラクエ4』勇者の声を草尾毅、『ドラクエ8』勇者の声は梶裕貴となっている。『3』と『4』と『8』の勇者に声が付くのは初となる。

 これ以外にもスマッシュ攻撃には「かいしんのいちげき」システムが採用されており、ランダムで強力な攻撃を放つことがあるが、これもシリーズ作品ごとに微妙に異なる設定がされているという。それぞれの勇者のフィールド曲、戦闘曲も用意されており、単なるカラーバリエーションには留まらない作り込みだと言えるだろう。

(画像はYouTube
【スマブラSP】勇者のつかいかた
より)
(画像はYouTube
【スマブラSP】勇者のつかいかた
より)
(画像はYouTube
【スマブラSP】勇者のつかいかた
より)
(画像はYouTube
【スマブラSP】勇者のつかいかた
より)

 おなじみの戦闘コマンドとMPを再現したシステムが用意されており、MPを消費することで「メラ」や「ラリホー」や「マホカンタ」などのおなじみの魔法を唱えることができる。MPは自動回復するが、消費量が足りていない状況では魔法が出ない仕様となっており、リソース管理が重要なファイターとなりそうだ。なお魔法としては、蓄積ダメージが高ければ相手を一撃で撃墜できる「ザラキ」や、どこからでも復帰できる「ルーラ」といった特殊な効果を持ったものが用意されている。ワザの数は全ファイター中で最多になるという。

 なお、「勇者」を単体で購入あるいは「ファイターパス」で所持している場合には、「勇者」とともに『ドラクエ11』に登場した「天空の祭壇」をモチーフとしたステージも一緒に入手できる。

 『スマブラSP』では、今秋に『バンジョー&カズーイ』の「バンジョー&カズーイ」が参戦予定。これ以外にも残り2体の追加ファイターが参戦する予定となっている。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧