「ボクセル単位で崩れる破壊表現」を海外プログラマが研究中、映像が大きな話題に。同技術を使った暴力的ではないゲームが開発へ

 ゲームにおける破壊表現は昔からさまざまな角度で研究されてきた。火星を舞台にしたシューターシリーズ『Red Faction』では、ゲーム内のほとんどの壁を実際に破壊できることが大きな売りだ。2011年に発売された『Battlefield 3』のリアルな破壊表現も大きな話題となった。最近では、クラウドの力を利用した破壊表現を特徴とした『クラックダウン3』がリリースされている。

 物理分野およびグラフィックスのプログラマであり、ゲーム開発者のデニス・グスタフソン氏は、自身が研究中である「ボクセルベースの破壊表現」の成果をTwitterにアップロードした。そのリアルな破壊表現が大きな話題となっている。

 グスタフソン氏の研究に利用されている世界はボクセル、大きさは違うが『マインクラフト』のような四角いブロックで構成されている。実際の世界の物理法則とまではいかないが、動画で見るとまるで本物のような挙動と分裂でパイプが壊れ、小さなボクセル単位で屋根が崩れ落ちていく。

 リアルなのは破壊表現だけでなく、破壊表現に伴う“気体の表現”にも及んでいる。煙の充満した家屋を破壊すると、破壊された箇所から煙が外へと排出されていく。こういった技術デモを見るだけでワクワクする方は、少なくないのではないだろうか。

 グスタフソン氏の破壊表現の研究は2018年中ごろより始まっており、いわゆる手続き型と呼ばれる計算によるアニメーションの技術デモを公開するなど、自身の研究をゲームに活かす方向に進んできた。

 8月23日には、ついにこれらの技術を使ったゲームの開発を発表し、ゲームの概要を説明している。グスタフソン氏のツイートによると、ゲームは銃を撃ったり破壊するような暴力のゲームでは無いという。名前は考えているもののまだ発表する段階ではなく、今後はSteamのストアページが開設される予定だ。

 また、現在この名もなきゲームはクアッドコアCPUとGeforce 1070のPCで60fpsで動作しているが、今後さらに幅広いスペックのPCで快適に動作するようにグラフィックオプションを設けるかもしれないともされている。それでもGeforce 1060以下で動作するのは難しいだろうとのこと。なお、レイトレーシングは使わないため、RTXシリーズなど対応したグラフィックカードは必要としない。

(画像はグスタフソン氏のTwitterより)

 リアルな破壊表現を特徴としながら、銃を使うゲームではないというグスタフソン氏のゲームプロジェクト。果たしてどのようなゲームになるのか楽しみだ。いち早く情報が欲しい方は、グスタフソン氏のTwitterアカウントをフォローして続報を待ってほしい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧