タイム誌が2010年代最高のビデオゲーム10本を発表。『GTA』『ゼルダ』『Fortnite』など文化的、商業的に重要なゲームが挙げられる

 アメリカのニュース雑誌TIMEが2010年代における最高のゲーム10本発表した。「パーソン・オブ・ザ・イヤー」でも知られるTIMEは、2010年代のビデオゲームをどのように見たか確認して欲しい。

『Grand Theft Auto V』
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』
『Fortnite』
『ダークソウル』
『League of Legends』
『Pokémon GO』
『Minecraft』
『The Elder Scrolls V: Skyrim』
『Portal 2』
『Disco Elysium』

(画像はSteam『Grand Theft Auto V』より)

 『Grand Theft Auto V』は「市場で最も経済的に成功したビデオゲーム」としてリストされた。TIMEによると利益は60億ドルといわれており、アメリカで史上最大の興行収入を持つ映画『風と共に去りぬ』『スターウォーズ』フランチャイズ全体の売り上げを超えるという。文化的影響も計り知れず、多くのプレイヤーに愛される一方、暴力的なゲームの最右翼として様々な批判、論争の中心となった。

 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、任天堂が競争の激しいオープンワールドスタイルのゲームでも面白いものが作れることを証明し、Nintendo Switchのキラーソフトであることが評価されている。

(画像はニンテンドーeショップ『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』より)

 『Fortnite』は『PUBG』が100人バトルロイヤルジャンルの火付け役となったと認めつつ、『Fortnite』の文化的影響は極めて大きな点を評価。多くの若者に愛され、Ninja氏のようなストリーマーを生み、ここで築いた富がEpic Games Store設立につながった。

 『ダークソウル』はアメリカのロックバンド「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」のファーストアルバムのような作品だと評している。誰もがそれを遊んだわけではないが、遊んだ人すべてに影響を与えているという。難しいが公正な難易度、ストーリーテリング、操作性はほかのゲームデベロッパーにも多大な影響を与えた。

 リリースは2009年末だが、『League of Legends』はeSportsのゴールドスタンダードだとしている。オンラインで配信されるトーナメントは、スーパーボウルより多くの視聴者を獲得している。一方、Riot Gamesは複数の告発から発展した問題を理由に、2010年代のもう一つのテーマである「性差別」の代表であるともしている。


(画像は『Pokémon GO』公式サイトより)

 『Pokémon GO』がリリースされて数ヶ月は、この惑星すべてがNianticのARゲームに夢中になったとしている。プレイヤーは毎日の生活の中で冒険し、プレイしていない人でもゲームを中心にしたニュースとして様々な情報が流通した。

 『Minecraft』は2009年にリリースされたが、2010年代の文化の柱として成長した。子どもを持つ家庭なら『Minecraft』を知らない人はいない。発売から10年経った今なおYoutubeでは最も視聴されているゲームだ。

 『The Elder Scrolls V: Skyrim』はコンソールの世代を重ねながら移植され、VRやNintendo Switchでもプレイできるようになった。また、熱心なModコミュニティの存在も評価されている。


(画像はSteam『Portal 2』より)

 『Portal 2』はストーリーや一人称視点パズルゲームとしてのゲームプレイが高く評価されている。その一方、『Portal 2』のリリースはValveがこれ以上革新的なゲームをリリースしない10年の始まりとなった、ほろ苦いものだとしている。

 短評の中でもTIMEが特に評価していると見受けられるのが『Disco Elysium』だ。2019年後半にリリースされた2010年代を締めくくるにふさわしいゲームだと評している。過去を浸したようなゲームだが、その視線は未来を向いている。「何かが終わり新しい何かが生まれる特別な時間である、年代の変わり目にしか来ない種類のビデオゲーム」だという。

 1999年のビデオゲームにも見えるが、古いRPG形式に新しい命を吹き込んだ。ゲームというメディアならではのユニークなストーリーは、すべてのビデオゲームが芸術である方法を強調するとTIMEは絶賛している、

(画像はSteam『Disco Elysium』より)

 2010年代、Playstation 4やXbox Oneといった現行世代のコンソールがリリースされ、徐々にデジタルセールスがパッケージを上回っていった。eSportsやストリーミングといったゲームを観る文化、クラウドゲーミング、VRやARといった概念が大きな力を持った10年だ。果たして、2020年代のゲーム文化はどのようなものになるだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧