日本語版『アーケード・ゲーム タイポグラフィ』が1月9日に発売。70年から90年代までのアーケードゲームから「ビットマップフォント」の選りすぐりを集めた一冊

 グラフィック社は、2020年1月9日(木)にアーケードゲームにおけるビットマップフォントを選りすぐって紹介する書籍『アーケード・ゲーム タイポグラフィ』を発売する。価格は3080円(税込)。

日本語版『アーケード・ゲーム タイポグラフィ』が1月9日に発売。70年から90年代までのアーケードゲームから「ビットマップフォント」の選りすぐりを集めた一冊_001
(画像はAmazon.co.jpより)

 本書は、イギリスにあるMonotype社の書体デザイナー、大曲都市(おおまがりとし)氏の著書で、10月に発売された海外版を翻訳したものだ。大曲氏はGoogleフォントにある筆記体の「Tangerine」や、1929年に生まれたサンセリフを復刻させた「Metro Nova」などの書体を手がけている。

 『アーケード・ゲーム タイポグラフィ』では、1970年から90年代にかけてのアーケードゲームで使用されていたビットマップ書体が、当時のゲームのスクリーンショットや大曲氏の解説文とともに紹介されている。

日本語版『アーケード・ゲーム タイポグラフィ』が1月9日に発売。70年から90年代までのアーケードゲームから「ビットマップフォント」の選りすぐりを集めた一冊_002
(画像はAmazon.co.jpより)
日本語版『アーケード・ゲーム タイポグラフィ』が1月9日に発売。70年から90年代までのアーケードゲームから「ビットマップフォント」の選りすぐりを集めた一冊_003
(画像はAmazon.co.jpより)

 『パックマン』(1980年)、『テトリス』(1988年)などのメジャータイトルから、『マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー』(1990年)などの知る人ぞ知るものまで、さまざまな作品の書体を収録。8×8サイズの正方形グリッドでそれぞれの作品に合わせた個性を表現する、ビットマップ書体の良さを感じられる一冊だ。

日本語版『アーケード・ゲーム タイポグラフィ』が1月9日に発売。70年から90年代までのアーケードゲームから「ビットマップフォント」の選りすぐりを集めた一冊_004
(画像はAmazon.co.jpより)
日本語版『アーケード・ゲーム タイポグラフィ』が1月9日に発売。70年から90年代までのアーケードゲームから「ビットマップフォント」の選りすぐりを集めた一冊_005
(画像はAmazon.co.jpより)
日本語版『アーケード・ゲーム タイポグラフィ』が1月9日に発売。70年から90年代までのアーケードゲームから「ビットマップフォント」の選りすぐりを集めた一冊_006
(画像はAmazon.co.jpより)

 紀伊国屋書店や各種オンラインストアで購入できるので、気になった方はそちらもチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
日本語版『アーケード・ゲーム タイポグラフィ』が1月9日に発売。70年から90年代までのアーケードゲームから「ビットマップフォント」の選りすぐりを集めた一冊_007
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ