Nintendo Switch版『Graveyard Keeper』の発売日が2月6日に決定。「暗黒牧場物語」の呼び名を持つ墓地経営シミュレーションゲーム

 任天堂は、墓地経営シミュレーションゲーム『Graveyard Keeper』の日本語版の発売日が2月6日(木)決定したことをTwitter上で伝えた。価格は2390円(税込)。My Nintendo Storeでのあらかじめダウンロード(予約購入)も受け付けている。

 『Graveyard Keeper』は、Lazy Bear Gamesが開発し、2018年にPC(Steam)およびXbox One向けに発売された。また、2019年6月には海外でPlayStation 4版とNintendo Switch版が発売されたほか、iOS、Android版も配信されている。

(画像はMy Nintendo Store「Graveyard Keeper」より)

 本作は『牧場物語』シリーズのような要素を持ちながらも、死体の埋葬をはじめとする墓地経営をメインとすることから、日本国内ではしばしば「暗黒牧場物語」「闇堕ちした『Stardew Valley』」などと呼ばれている作品だ。

(画像はMy Nintendo Store「Graveyard Keeper」より)
(画像はMy Nintendo Store「Graveyard Keeper」より)

 ある日交通事故にあった主人公が目を覚ますと、そこは中世の異世界であった。愛する人が待つ元の世界に帰るためには、荒れ果てた墓地を再生させなければならず、主人公は半ば強制的に墓守として働くこととなる。

 死体の葬り方は土葬だけでなく、川に流したり、燃やして火葬したりもできる。また、血液や臓器を取り出して売ったり、食肉に加工するなどの選択肢も用意されている。倫理に従うか、それとも欲望のままに金を稼ぐかはプレイヤーの自由だ。

 当初は2019年の夏に配信予定だった本作だが「Indie World 2019.12.11」にて今冬へと延期されていた本作。Nintendo Switch版を待ち望んでいた人はぜひ、あらかじめダウンロードで発売日から、ダークな墓守ライフを満喫してみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧