兄妹となってカルト教団の拠点に潜入する2人協力オンラインホラーゲーム『The Watchers』がSteamで配信開始。837円で購入可能なセール実施中

 ジョー・フェンダー氏とルーク・ファニング氏は、ふたり協力プレイ専用の一人称視点ホラーパズルゲーム『The Watchers』Steamにてリリースした。定価は930円で、2月13日まで10%オフの837円にて購入することができる。

 『The Watchers』ではプレイヤーはふたりの兄妹となり、母親の失踪の真実を突き止めるためにカルト教団「アザーゼル・ウォッチャーズ」の住む邸宅へと潜入する。母アンナはカルト教団の教祖を受け継いだ後に失踪したそうで、その後は付近の住人や登山客から奇妙な現象が報告されるようになった。はたしてこの館で何があったのだろうか。

 カルト教団と失踪といったホラーをテーマにしているが、突然大きな音などを出してプレイヤーをびっくりさせる、いわゆるジャンプスケアは用意されていない。徘徊する教団員との緊張感あふれる逃走劇や息を潜めてのステルスアクションなど、プレイヤーを緊張させる仕組みは多数用意されている。また、特定のアイテムを運べない際には懐中電灯を持てないので照らしてもらう必要があるなど、協力プレイを促す仕組みも用意されている。

 ふたりでプレイする協力専用ゲームのため、フレンドと遊ぶかサーバーブラウザを通じてほかのプレイヤーと一緒に遊ぶ必要がある。なお記事執筆時点では、他人のサーバーに接続できないという報告が複数あり、掲示板の書き込みを調べてみるとどうやらサーバーパスワードに問題を抱えているようだ。

(画像はSteam 『The Watchers』より)
(画像はSteam 『The Watchers』より)
(画像はSteam 『The Watchers』より)
(画像はSteam 『The Watchers』より)

 一人称視点ホラーパズルゲームはSteamでも毎週のようにリリースされている人気ジャンルだが、この価格帯でふたりでの協力プレイに焦点を当てたオンライン対応の作品はめずらしいといえるだろう。ホラーが苦手という方も、ほかのプレイヤーと一緒ならなんとかなるかもしれない。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧