2020年の『Call of Duty』新作に関する発売予定が明らかに、ただし開発スタジオは非公開。冷戦期のベトナムが関与する作品との噂も

 Activision Blizzardは、2019年度第4四半期(10月から12月)の決算報告を実施し、『Call of Duty』シリーズの新作を2020年の第4四半期に発売する予定であると明かした。ただし、これまでのシリーズ作品と異なり、開発元についての発表は行われなかった。

(画像はコール オブ デューティ モダン・ウォーフェア | プレイステーションより)

 『Call of Duty』シリーズの新作に関する発言はActivisionのCOO(最高執行責任者)であるCoddy Johnson氏より言及された。開発については、これまでのシリーズで3つのスタジオが担当しており、Infinity Ward、Treyarch、Sledgehammer Gamesのいずれかが行ってきた。

 2018年発売の『Call of Duty:Black Ops 4』はTreyarchが開発を行い、2019年発売の『Call of Duty:Modern Warfare』ではInfinity Wardが開発を担当したため、2012年の『Call of Duty:Black Ops 2』から続いてきたローテーションをもとに、”新作はSledgehammer Gamesが開発を担当する”という見方がある。

 ただし、海外メディアKotakuは、2020年の新作では、Sledgehammer Gamesがウィスコンシン州の開発スタジオRavenとともに開発を行っていたものの、途中でTreyarchに担当が変更されたと報じた。また、Kotakuは新作の内容について「冷戦期のベトナムが関与する作品になる」とも伝えている。

 2020年の新作がTreyarch主導で開発された場合、2012年から続いてきたローテーションが崩れる形となり、各スタジオの他作品にも影響が出ることが懸念される。なお、Infinity Wardはナラティブスクリプターの求人募集を行っていたことから、一部海外メディアの間では「次世代機向けのシリーズ新作が開発されているのではないか」と推測されている。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧