『あつ森』で「魚のまきエサ」の大量生産機械をレゴブロックで制作した人が登場。無いなら作ろうの精神が生んだAボタン連打マシーン

 『あつまれ どうぶつの森』の独創的なプレイヤーたちは、ゲーム内で『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』『ポケットモンスター』の世界を再現したり、借金返済RTAのようにゲームの枠に捕らわれない独創的な楽しみ方を日夜編み出している。

 そんななか海外掲示板Redditにて、レアな魚「シイラ」を釣り上げるために物理的なアプローチで「サカナのまきエサ」を大量生産するマシーンレゴブロックで作り上げた人物が登場。Polygonなどの海外メディアがこの話題を報じている。

I made a lego fish bait machine! from AnimalCrossing

 『あつまれ どうぶつの森』のDIYはかなり牧歌的な作りをしており、アイテムはひとつずつしか作れない。「サカナのまきエサ」のように大量消費するアイテムを作る場合は、Aボタンを連打し続ける必要がある。そこで生まれたのがRedditユーザーのRa7vaNn05氏が発明した「レゴまきエサマシーン」だ。

 Nintendo Switchに取り付けて機械の電源を入れると、ピストンが稼働して自動でAボタンを連打し続けてくれる。材料となるアサリは自分で集めて回る必要があるが、一度集めてしまえば残りの作成作業は機械におまかせだ。

 まきエサマシーンの具体的な製造工程は語られていないが、電源やモーターを利用するレゴの「レゴテクニック パワーファンクション」シリーズを中心に作られていると考えられる。この機械のおかげで、Ra7vaNn05氏は目当てだったシイラを釣り上げることができたようだ。

(画像はReddit「I made a lego fish bait machine! : AnimalCrossing」より)

 DIYで複数のアイテムを一度に作る要素は、以前からファンに強く望まれている機能のひとつだ。ゲームに欲しい機能を訴えるファンが製作した「Nintendo Direct」風の動画では、最初に複数製作機能が紹介されている。

 「ゲームのアップデートがされないなら」と現実でDIYを実行しているあたり、無人島生活魂が燃え上がっているといえるのではないだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧