『FF7リメイク』が発売初月に北米圏で月次トップの売上を記録。年度内では『CoD: MW』『あつ森』に次ぐ第3位のタイトルに

 市場調査会社のNPDはビデオゲームにおける2020年4月の月次売上ランキングを公開し、発売初月の『ファイナルファンタジーVII リメイク』北米圏で月次トップの売上を記録したことが明らかとなった。なお、本数については公表されていない。

 NPDののアナリストであるMat Piscatella氏の調べによると、本作は『Call of Duty: Modern Warfare』『あつまれ どうぶつの森』に次ぎ、2020年4月期における年度第3位の売上を記録しているという。くわえて、同作は「2020年に発売されたPlayStation 4向けタイトルで最も売上の多いソフト」としても暫定的に位置づけられている。

 また、Piscatella氏は『ファイナルファンタジー』シリーズ作品で比較した際に、販売本数と販売金額の両方で2016年発売の『ファイナルファンタジーXV』の記録を上回っている点もあわせて指摘している。

 『ファイナルファンタジーVII リメイク』が一部地域を除いた発売日の4月10日から3日間で350万本を売り上げたことは記憶に新しいが、今後もさまざまな売上記録を樹立することとなりそうだ。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧