『Payday 2』デザイナーの手がける『Metal: Hellsinger』が発表。数々の著名バンドから楽曲提供を受けるメタルリズムFPS

 パブリッシャーのFuncomは、北米現地時間で6月10日(水)より開催中のイベント「IGN Summer of Gaming」にて、リズムFPS『Metal: Hellsinger』を発表した。2021年発売予定で、PlayStation 4、Xbox One、PC(Steam)、次世代コンソールに向けて発売される。

 開発はスウェーデンに拠点を置くThe Outsidersが担当する。同スタジオは『Payday 2』『Battlefield: Bad Company 2』を手がけたデビット・ゴールドファーブ氏が率いることで知られる。

 『Metal: Hellsinger』は、メタルのビートに合わせて戦うアーケードライクなFPSだ。画面中央の照準に向かって、リズムゲームでいう“ノーツ”が流れ込んでくる。ノーツが流れてくるタイミングに合わせて銃を撃つことで、音楽はより激しくなり、攻撃力は増していく。用意されている武器は強力で、それぞれに「マーダー・クロウ」「ビッグ・グッドバイ」などの究極奥義が用意されている。そのため、「ビートのコンボをつなげて強力な一撃をたたき込む」爽快感が味わえる。

 主人公は半人半魔のモンスター。8つの領域が広がる地獄を駆け、悪魔の軍勢とその将らを撃破し、「赤き審判者」との決戦を目指す。物語は『The Last of Us』のジョエル役で知られるトロイ・ベイカー氏のナレーションで語られる。また、本作は「キャンペーンモード」のほか、リズムゲームらしい「チャレンジモード」でほかのプレイヤーとスコアを競い合うこともできる。

 メタル超大国であるスウェーデンのゲームらしく、本作もメタルが大きくフィーチャーされている。スウェーデン出身バンドではDark TranquillitySoilworkArch Enemy、アメリカを拠点とするTriviumなど、本作のためにそうそうたるバンドが楽曲を提供している。トレイラーには「And More」とあり、今後もさらに豪華なバンドの楽曲が登場しそうだ。

 パワフルな武器、地獄を舞台にした世界設定など、ゲームプレイを見るとそこかしこに『DOOM』シリーズの影響が見られる。また、最近では『Gun Jam』『BPM: BULLETS PER MINUTE』など、FPSにリズムゲームのエッセンスを取り入れた作品がにわかに盛り上がっているようだ。

 The Outsidersといえば、キャンセルとなった期待作『Darkborn』のあと、「Funcomと組んで何らかのゲームを作っている」という噂がささやかれていた。一人称視点のステルス重視アクションから、メタルサウンドを大きくフィーチャーした今作の開発へ移行していたようである。

 『Darkborn』のキャンセルは非常に悔しかったが、本作もかなり期待できそうだ。

(画像はSteam『Metal: Hellsinger』より)
(画像はSteam『Metal: Hellsinger』より)

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧