ボードゲームを自分で作る「ボードゲームデザインスターターキット」のクラウドファンディングが開始。アイデアを形にしたいボドゲファンにうってつけ

 ボードゲームを遊んでいて「自分もゲームを作ってみたい」と思ったことはないだろうか。頭の中のゲームを現実にしたいと思っていても、ゼロから作るのはなかなか難しい。

 そんな人のために、ウェブサイト「Board Game Design Lab」を運営するゲイブ・バレット氏が中心となって「ボードゲームデザインスターターキット」のKickstarterプロジェクトが始まった。有り体に「ボードゲームツクール」と表現できるクラフトキットだ。2021年2月の出荷を予定している。


(画像はKickstarter「Board Game Design Starter Kit」より)

 35ドル以上の支援で送付されるスターターキットには、ボードゲームのデザインやプレイテストについて解説したガイド(英語)にはじまり、100枚の白紙カード、ダイスやトークン、書き換え可能なホワイトボードなどが収録。50ドル以上でさらに多くの付属品がついたアップグレードパックが手に入る。また、小売業者向けのオプションも用意されている。

 日本への送料はスターターキットのみの場合25ドルとなっているが、こちらは「後日変更される可能性がある」とされている。すでに目標金額は超えており、プロトタイプの開封動画も公開中。すでにアート部分は完成しているので、後は生産を残すのみだとされている。

 この他、カードやタイル、ボードのテンプレートがデジタルファイルとして付属する。全てをゼロからデザインする必要はないので、絵が苦手という方でもなんとかなるだろう。このキットでデザインのプロトタイピングを行い、実際に作ってみるといった使い方もできるだろう。

 もしボードゲームのアイデアは持っているものの、どうやって形にすれば良いかわからないという方、あるいは、ボードゲームファンの集いにこのキットを持っていけば、いつもと違う方法でボードゲームと付き合えるかもしれない。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧