Microsoftの新作『フライトシミュレーター』で「212階建ての超高層ビル」が出没。地図データの些細なタイプミスが地上に“バベルの塔”を誕生させる

 8月18日に発売されて高い評価を得ているフライトシミュレーター『Microsoft Flight Simulator』。マイクロソフトが所有する衛星写真や地図データを利用し、地球を再現したことが話題となっている。あまりにも広大なため、AIを利用して衛星写真や地図データから3Dモデルを製作しているが、そのため一部のランドマークがおかしなことになっていることが報告されている。

 中でもあるTwitterユーザーが投稿した、オーストラリアのメルボルンに突如現れた「212階建ての超高層ビル」が話題になっている。下記の画像を見ても分かるとおり、とんでもない高さだ。

 なお、地球上でもっとも高いビルはドバイにある「ブルジュ・ハリファ」。163階建てで828mとかなり高いが、それでも212階には届かない。ゲームでももちろん再現されており、訪れたプレイヤーが動画を公開している。

 TwitterユーザーのLiam O氏や海外メディアのEngadgetは調査を実施し、その結果を公表した。調査結果によると、超高層ビルは共同作業プロジェクト「OpenStreetMap」に投稿されたデータのタイプミスなのだという。本来なら2階建ての家屋のはずが、212階と書かれている。このデータは1年ほど前に投稿されたものだ。

 その後データは修正されているが、ゲームに利用されたものは修正が間に合っておらず、このような超高層ビルが出現することとなった。

(画像はLiam O氏のTwitterアカウントより)

 世界各所で奇妙なランドマークが現れているが、こういった地図データが修正されるかどうかは不明だ。なお、テクノロジーメディアのEngadgetは不具合の詳細についてMicrosoftへ連絡を取っており、返答があればまた更新されるはずだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧