PS Vitaへ向けた『PSO2』のサービスが終了。Twitterはサービス終了の瞬間を見守るとともに懐かしの画像を披露するプレイヤーでにぎわう

 9月16日(水)、セガが開発・運営するオンラインRPG『ファンタシースターオンライン2(PSO2)』のPlayStation Vita(以下、PS Vita)へ向けたサービスが終了となった。なお、PS Vita版のプレイデータについてはPC版、PlayStation 4版、クラウド版(PC/Nintendo Switch)で続けてプレイ可能だ。

(画像はPlayStation Store『ファンタシースターオンライン2』(PS4版)より)

 『PSO2』は、2012年にPC向けのタイトルとしてサービスを開始した、三人称視点のアクションRPGである。比較的早い段階からクロスプラットフォームへ対応していた経緯があり、PS Vita版は2013年にサービスを開始した。開始当時は新ストーリーがPC版に先行して配信されたほか、ソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)の『どこでもいっしょ』シリーズから「トロ」「クロ」がゲーム内に登場。特別なオーダー(任務)を達成することでほかのプラットフォーム版でのクエストにも連れていける仕様となっていた。

 また、PS Vita版の限定機能として実装された「キャラクターポートレート」では、実際の風景に自キャラクターやNPCなどのゲーム内キャラクター、デフォルトのキャラクターを合成することで「現実世界にゲーム内キャラクターがいる姿」「自キャラクターとの記念写真」を撮影できた。Twitterでは約7年半続いたサービスの終了をねぎらうツイートをはじめ、PS Vita版のプレイヤー達が集まる専用ロビーで最後のときを過ごす様子の画像や動画、かつて撮影した懐かしのスクリーンショット画像が「vita」「PSO2」のキーワードとともに投稿されている。

  サービス終了時点で未使用のゲーム内通貨「アークスキャッシュ(AC)」および購入分の「スタージェム(SG)」については、9月18日(金)18時から12月16日(水)の正午まで払戻し対応を受け付けている。「上記のゲーム内通貨を所持しているが、他プラットフォームでのプレイを継続しない」人については忘れずに申請しておきたい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧