『ファイナルファンタジー16』がPS5向けタイトルとして正式発表。『FF14』の吉田直樹氏がプロデューサーを担当へ

 「PLAYSTATION 5 SHOWCASE」にて、『ファイナルファンタジー』シリーズのナンバリング最新作となる『ファイナルファンタジー16』がPlayStation 5向けタイトルとして正式発表された。
 プロデューサーは『ファイナルファンタジーXIV』シリーズの吉田直樹氏、ディレクターは髙井浩氏が務める。

 PlayStation Blogでは、プロデューサーの吉田氏とディレクターの髙井氏のコメントが公開された。

 吉田氏はコメントにて、戦闘とリアルタイムバトルのトレイラーは、これまで開発チームが成し遂げたほんの一部だと語る。一握りのコアメンバーから本格的な開発チームへと成長し、これまで作ったものをさらに磨き、ストーリーとゲームプレイの両面でたぐいまれな体験をプレイヤーに提供すると自信を見せている。次回の大きな発表は2021年とのこと。

 また最後に、氏が手がける『ファイナルファンタジーXIV』にもさまざまなことが待っているので、『FF16』ともども期待して欲しいとまとめた。

 髙井氏は、初代『ファイナルファンタジー』が発売されたころはまだ学生で、『ファイナルファンタジーV』でついにゲームの開発に携わった自身の経歴を紹介。『ファイナルファンタジーXI』と『ファイナルファンタジーXIV』でオンラインゲームに携わり、ついに『ファイナルファンタジーXVI』まで来たと語る。
 ゲームがファンの手に届くまでまだ時間が掛かるかもしれないが、待つ価値があると約束している。

(画像は[日本語] PLAYSTATION 5 SHOWCASE – YouTubeより)
(画像は[日本語] PLAYSTATION 5 SHOWCASE – YouTubeより)
(画像は[日本語] PLAYSTATION 5 SHOWCASE – YouTubeより)
(画像は [日本語] PLAYSTATION 5 SHOWCASE – YouTubeより)

 なお余談ではあるが、吉田氏は公式には「取締役 兼 開発担当執行役員 兼 第三開発事業本部 事業本部長」というすでに長い肩書きを持っており、この発表で“取締役 兼 開発担当執行役員 兼 第三開発事業本部 事業本部長 兼 『ファイナルファンタジーXIV』 プロデューサー 兼 ディレクター 兼 『ファイナルファンタジーXVIプロデューサー』”という肩書きを得たことになる。

 はたしてどのようなシリーズ最新作となっているのか、今後の続報に期待したい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
編集
ローグライクやシミュレーションなど中毒性のあるゲーム、世界観の濃いゲームが好き。特に『風来のシレン2』と『Civlization IV』には1000時間超を費やしました。最も影響を受けたゲームは『夜明けの口笛吹き』。
Twitter:@ex1stent1a
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧