『マリオカート ライブ ホームサーキット』が発売。家をコースにしておなじみのレースを楽しもう

 任天堂は10月16日(金)に『マリオカート ライブ ホームサーキット』を発売した。価格は税別9980円となっている。

 本作はカートに内蔵されたカメラからのライブ映像を見ながら、マリオカートの操作で実物のカートを走らせることができるゲームだ。Nintendo Switchとカートを持ち寄れば、最大4人までレースを楽しめる。

 ゲーム画面のなかで起きたことはカートの動きに連動するため、ダッシュキノコを使えばカートが加速して、敵や障害物に当たるとカートもストップする。

 セットに付属している4つのゲートを1週すれば、走った軌跡でコースが作れる。家にあるものを使えばコースにアクセントをつけることも可能だ。

(画像はニンテンドーストアより)
(画像はニンテンドーストアより)

 ゲートを置いてオリジナルのコースを作ったら、クッパJr.といったライバルたちとのグランプリにも挑戦でき、ひとりでも白熱したレースが楽しめる。水中になったり砂嵐が吹き荒れたりと、マリオカートらしく自分の部屋が変化。さらに実物のカートはクラスに合わせてスピードが変化する。

(画像はマリオカート ライブ ホームサーキット 紹介映像より)
(画像はマリオカート ライブ ホームサーキット 紹介映像より)

ほかにもゲートに好きなシカケを置けるカスタムレースや友達と競い合うタイムアタック、カートやコスチュームのカスタマイズ、ミラーモードなど、シリーズでおなじみの要素はひととおり遊べるように作られている。

(画像はマリオカート ライブ ホームサーキット 紹介映像より)
(画像はマリオカート ライブ ホームサーキット 紹介映像より)

 ハンドルアシストをONにすれば、コースから外れないようにアシストしてくれるので、ゲーム操作に不慣れな人や小さな子供も気軽にレースを楽しむことができる。

ライター
園児時代に押入れにあった神トラとFF4を遊んだことがきっかけでゲームにハマる。主にアクションゲーム、アドベンチャーゲーム、デジタルカードゲームを遊び、気に入ったゲームはトロコンまで遊ぶ派。思い出のゲームは『ロックマンエグゼシリーズ』『ぼくのなつやすみ2』『銃声とダイヤモンド』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧