「iOS/Android版『原神』の初月セールスは約2億4500万ドル」との推計結果を米国の市場調査会社が発表。約6000万ドル規模のプレイヤー支出が毎週発生

 米国の市場調査会社Sensor Towerは、現地時間10月28日(水)に同社のブログで公開したレポート記事にて、iOS、Android版『原神』における初月(9月28日から10月27日)の売り上げが「約2億4500万ドル(10月27日時点で約256億円)に達した」との推計結果を発表した。本記録は、モバイルゲームのローンチとして過去最大級の規模だ。

 レポート記事によれば、miHoYoが配信するiOS、Android版『原神』は9月28日の正式リリースから1週間で約6000万ドルのプレイヤー支出を記録して以降、失速せずに毎週ほぼ同じ額のプレイヤー支出を生みだしているという。

(画像は『原神』公式サイト「ゲーム紹介」より)

 記事中には9月28日から10月27日までの30日間における他タイトルとの売り上げ比較図も掲載されており、テンセントゲームズがパブリッシャー(販売元)として関わる『Honor of Kings(王者栄耀)』『PUBG Mobile』、Nianticの『Pokémon GO』、そしてミクシィの「XFLAG」ブランドから配信中の『モンスターストライク』を上回ったことが示されている。

 また、記事中ではリリース初月に大きな収益を挙げたタイトルとも比較。初月に7000万ドルを記録した任天堂の『ファイアーエムブレム ヒーローズ』や、リリースから30日間で2500万ドルを売り上げたiOS版『フォートナイト』を上回る結果となった。ただし、『Pokémon GO』はリリースから30日間で『原神』を上回る2億8300万ドルを記録している。

(画像は「Genshin Impact Hits Nearly $250 Million in Its First Month, Making It One of the Largest Mobile Game Launches Ever」より)

 さらに、中国市場が総収益の33.5%にあたる8200万ドル以上のプレイヤー支出を記録し、次いで日本市場の5900万ドル(24%)、アメリカ市場の4500万ドル(18.3%)と中日米のトップ3ヶ国で総収益の75.8%を占めることも明らかとなった。
 このほか、アプリストア別では総収益のうちApp Storeが約1億4400万ドル(58.7%)、Google Playが約1億100万ドル(41.3%)を占めたことも記載されている。

 11月11日(水)に新イベント「帰らぬ熄星」を含むアップデート「バージョン1.1」が配信される『原神』だが、プレイヤーの支出額が失速していないことは大きな驚きだ。果たしてこの勢いはどこまで続くのか、引き続き様子を見守りたい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧