だまし絵一人称視点パズル『Superliminal』がSteamでも発売。発売を記念して『Portal』からヒロインのコンパニオンキューブがこっそり参戦

 シアトルに拠点を置くゲームデベロッパーのPillow Castle Gamesは、錯視を利用した一人称視点パズルゲーム『Superliminal』をSteamで発売した。11月13日まで20%オフの1640円で購入できる。日本語対応。Steam発売を記念し、特別トレイラーも公開されている。

 Steam版はSteamワークショップに対応しており、ユーザー制作コンテンツが導入できる。先駆けてPillow Castleは、『Portal』よりヒロインのコンパニオンキューブをゲームに登場させている(参考リンク)。興味がある方はそちらもサブスクライブしてゲームに登場させて欲しい。

 『Superliminal』は、強制的遠近法と錯視を利用した一人称視点パズルゲームだ。ゲームは平面がまるで立体のように見えたり、あるいはその逆だったりする「だまし絵」や、遠近感と物体の大きさを強制的に一致させる「強制遠近法」を用いて、ものを大きくしたり小さくしたりすることでパズルを解く。
 強制遠近法を利用して、小さなサイコロを大きくして足場にしたり、大きなチェスピースを小さくして通路を通れるようにするなど、さまざまな使い方ができる。現実世界では、「映える」写真にもよく使われるトリックだ(参考リンク)。

 プレイヤーは何か悩みを持つ誰かとして、「ピアース博士の夢療法」プログラムに参加する。治療といっても実験のようなもので、いってしまえば『Portal』のテストチャンバーをクリアしていくと表現してしまえる。頼りない博士や信用ならないAIの声を頼りに先へと進むが、実験は途中から思いも寄らぬ(あるいは期待通りに)失敗し、徐々にその世界の裏側へと足を踏み入れることになる。パズルだけでなく、ストーリーも楽しめるはずだ。

 ストーリーを進めるだけでなく、コミュニティのフィードバックからジャンプの回数やクリアタイムを記録する「チャレンジモード」を新たに搭載。また、前述の通りSteamワークショップにも対応した。

(画像はSteam『Superliminal』より)
(画像はSteam『Superliminal』より)
(画像はSteam『Superliminal』より)

 ついにSteamでも発売となった『Superliminal』。『Portal』からコンパニオンキューブまで密かに参戦するので、Epic Games Storeやコンソール版をまだ買っていないという方は、これを機にだまし絵パズルに挑戦してみて欲しい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧