「ユーキャン 新語・流行語大賞」2020年の流行語に『あつ森』が選出、開発チームが受賞

 出版社の自由国民社は12月1日(火)、1年間で話題となったできごとや人物、言葉のなかから2020年を代表する言葉を選ぶ「ユーキャン 新語・流行語大賞」を発表した。

 年間大賞には東京都知事の小池百合子氏による発言「3密」が選ばれたほか、トップテンには韓国ドラマ『愛の不時着』や漫画・アニメ作品『鬼滅の刃』などの言葉に並び、任天堂の『あつまれ どうぶつの森』から、略称の「あつ森」がランクイン。任天堂の『あつまれ どうぶつの森』開発チームが受賞し、授賞式の場ではプロデューサーを務めた野上恒氏とディレクターの京極あや氏がVTRで感謝のメッセージを伝えた

12月1日(火)に公開されたテレビCM

 『あつまれ どうぶつの森』は、スローライフを楽しむコミュニケーションゲーム『どうぶつの森』シリーズの7作目として2020年3月20日に発売された。シリーズ初となる「無人島」へ舞台が変わった本作は、新型コロナウイルスの影響拡大による“巣ごもり需要”とあわせて、全世界累計で2604万本を売り上げる大ヒットを記録している。

 また、本作に収録されている「マイデザイン」や、自由に島の形を変えられる「島クリエイター」の機能も注目を集め、さまざまな企業や組織・機関がコラボレーション企画を実施。衣服や髪形を性別に関わらず選択できる要素など、自由な形で“自分の世界”を表現できるコミュニケーションツールとしての役割を果たしている。

(画像はあつまれ どうぶつの森 : 気ままに 島DAYS | Nintendo Switch | 任天堂より)
(画像はマイニンテンドーストア『あつまれ どうぶつの森』より)

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ