日本のクリエイターにフォーカスするYoutubeチャンネル「Archipel」にて上国料勇氏のインタビュー動画が公開。『ファイナルファンタジーXII』などでアートディレクターを務めた人物

 Youtubeチャンネル「Archipel」は12月26日(土)、『ファイナルファンタジーXII』などでアートディレクターを務めた上国料勇氏のインタビュー動画「Isamu Kamikokuryo, Art directing Final Fantasy – Archipel Caravan」を公開した。

画像はIsamu Kamikokuryo, Art directing Final Fantasy – Archipel Caravanより
画像はIsamu Kamikokuryo, Art directing Final Fantasy – Archipel Caravanより

 「Archipel」は、日本のクリエイター、アーティストのドキュメンタリーを配信するYoutubeチャンネル。10月に始まった「Archipel Caravan」シリーズではゲーム業界にスポットを当てており、これまでに『バイオハザード』シリーズなどを手がける三上真司氏や、『ファイナルファンタジーXIV』のプロデューサー兼ディレクターを務める吉田直樹氏などが登場している。

 今回登場する上国料勇氏は、1997年に合併前のスクウェアに入社し、『ファイナルファンタジーXII』から『ファイナルファンタジーXV』までアートディレクターを務めた人物。2017年にスクウェア・エニックスを退社しフリーランスとなり、2020年には『ペーパーマリオ オリガミキング』のアートディレクターを務めている。

 本動画では、上国料氏のルーツからスクウェア・エニックスへ入社するまでについて、影響を受けた建築家やインスピレーションの元となった場所などが美しい映像とともに40分以上に渡って収められている。

画像はIsamu Kamikokuryo, Art directing Final Fantasy – Archipel Caravanより
画像はIsamu Kamikokuryo, Art directing Final Fantasy – Archipel Caravanより

 「SFと現実をどう繋げるか」「いいコンセプトアート」など『ファイナルファンタジー』シリーズをプレイしたことがある方も、そうでない方も興味深い内容となっているので、ぜひチェックしていただきたい。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧