「あなたのためにもっと作ってくれればよかったのに」PS5が手に入らない困難をミュージシャンが甘く切なく歌い上げる動画を公開

 PlayStation 5(以下、PS5)の在庫不足は世界中のゲームファンが抱えている問題だ。予約販売のニュースに目を光らせ、転売行為に怒りを募らせ、突発的な店頭販売に悔しがる。PS5が手に入らない悲しみを、ミュージシャンのクラウディオ・サンチェス氏が歌にしてTwitchで公開した。曲はPS5のメニューで流れるBGMを元しているという。

 サンチェス氏はモダン・プログレッシヴ・ロック・バンド「コヒード・アンド・カンブリア」のギターボーカル。SFコミック作家とミュージシャンという顔を持ち、バンドの全楽曲もSFコミック『The Amory Wars』の世界を表現する手段のひとつになっている。コヒード・アンド・カンブリアのアルバムは、コミックの世界の出来事を描いている。

 「あなたのためにもっと作ってくれればよかったのに」(They should’ve made more of you.)と甘く切ない声でPS5が手に入らないことを歌い上げる氏は、困難な時代の代弁者だ。氏はなんとかPS5を手に入れられたようだが、多くの困難があったことは想像に難くない。

(画像はTwitchより)

 サンチェス氏はこの曲が、最近プレイしているゲームやハードウェアについて曲にするというTwitchでのパフォーマンスの最新作であるとKotakuに語っている。ほかにも『Cyberpunk 2077』をテーマにした曲や、『ウィッチャー3』『Broforce』など、さまざまなゲームをテーマにした楽曲を披露しているので、興味があれば聞いてみて欲しい。氏のTwitchチャンネルには、ゲームをテーマにした楽曲が多数クリップとして保存されている。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ