ネコを理解せよ。機械学習をテーマにした工場自動化ゲーム『Learning Factory』の早期アクセス2月18日スタート。日本語対応予定。2月4日までは無料のアルファ版が遊べる

 ロシアのモスクワに拠点を置くゲーム開発会社Luden.ioは、機械学習をテーマにした工場自動化ゲーム『Learning Factory』の早期アクセスを2月18日(木)に開始すると発表した。本作は日本語にも対応予定だ。

 現在は無料のアルファテスト版がSteamストアページにて配布中で、こちらは英語でしかプレイできないが2月4日(木)まで遊ぶことができる。

 『Learning Factory』は、ネコと人類が仲良く火星を征服しつつある未来の世界が舞台だ。しかし、人間には愛すべき隣人であるネコが本当は何を望んでいるのか理解できなかった。プレイヤーは機械学習と工場自動化を駆使し、ネコの欲求を理解する究極のタスクに挑む。

 ゲームの基本は、トランスポーターからショップにやってくるネコが欲しいものを売ること。ネコはそれぞれ欲しいものが異なる。コンベヤで製品をショップに運んでいるだけでは、効率化は難しい。
 そこで登場するのが機械学習だ。機械学習アルゴリズムを使って大量のデータを処理し、さらなる工場の効率化を目指す。

(画像はSteam『Learning Factory』より)

 無料のアルファ版では、プレイヤーは荒廃した工場とネコ用のお店、そしてネコトランスポーターなどが設置された火星に放り出される。ネコトランスポーターからはひっきりなしにネコが転送され、コンベヤでお店へと流れていく。
 ネコはお店に着くと、欲しいものとコインを交換しようとする。序盤は「毛糸玉」「コットン」などを求めるネコが多いようだ。まずはマップをまわり、それらのアイテムを集めてお店に搬入しよう。

 少しコインを稼いだら、ついに自動工場の建設だ。お店の周囲には綿の木が自生している。リサーチツリーからコットンコレクターや毛糸玉メーカーを研究し、上手く設置してコンベヤでお店へと搬出する。ここまで来るとプレイヤーはわざわざアイテムを集めて回る必要はほとんどなくなる。

 ゲームプレイが大きく動くのは「スマートショップ」を建設した後だ。このショップは機械学習を通じて効率よい売買を実現できる。

 ほんの序盤を触っただけだが、ネコがコンベヤを流れて順番に買い物をする姿と無骨な工場の取り合わせがなんとも微笑ましい。ネコを眺めているだけでもなかなか満足できるが、徐々に向上が大規模・効率化していくのを見るのも工場自動化ゲームの醍醐味だろう。

(画像はSteam『Learning Factory』より)
(画像はSteam『Learning Factory』より)

 かわいいネコを理解する、機械学習をテーマにした工場自動化ゲーム『Learning Factory』は、2月18日(木)早期アクセススタート。2月4日(木)までは無料のアルファ版が遊べるので、コンベヤで流れるネコが好きな方はぜひプレイしてみてほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ