『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』がPS5向けに正式発表。ユフィを主人公とした新規エピソードが収録、ビジュアルもさまざまな面で強化へ

★3分でわかる動画はこちら

 ソニー・インタラクティブエンターテインメント(SIE)の配信番組「State of Play」にて、『ファイナルファンタジーVII リメイク』のPS5向け拡張版にあたる 『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』(FINAL FANTASY VII REMAKE Intertgrade)が正式発表された。リリースは2021年6月10日(月)を予定。パッケージ版、ダウンロード版の価格は9878円(税込)となっている。

【更新 2021/2/26 18:00】 記事初版にて発売日を6月21日にとしていましたが、正しくは6月10日でした。訂正しお詫び申し上げます。

 ユフィを主人公とした新規エピソードを収録している点が最大の特徴で、そのほかビジュアル面でさまざまな強化が施されている。対象プラットフォームはPS5で、PS4版のリメイクを所持している場合は100円でアップグレードすることが可能。ただしその場合はユフィの新規エピソードはDLC扱いとなり、プレイするには2178円(税込)で別途購入が必要になるとされている。

 なおダウンロード版ではユフィの新規エピソードで使用できるユフィ専用武器「シュリケンダー」を予約購入特典として入手可能。また、ダウンロード版では通常版のほかにデジタルアートブック、デジタルミニサウンドトラックがセットになった「DIGITAL DELUXE EDITION」も発売される予定で、価格は1万1501円(税込)となっている。

 ビジュアル面ではさまざまな面が強化されており、テクスチャやFogのエフェクト、ライティングが強化。4Kでのゲームプレイを重視した「グラフィックモード」や、60fpsでのプレイを重視した「パフォーマンスモード」、さらにはスクリーンショットを撮影するための「フォトモード」も搭載される。

 このほかゲーム部分では、新たな難易度である「ノーマル(クラッシク)」が追加され、ローディングの改善なども盛り込まれているようだ。

 なお 公式サイトではすでに予約販売がスタートしたことも告知されている。さらなる情報は今後の続報に期待したい。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ