PS5版『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』の機能紹介映像が「State of Play」で公開。達成率を表示する機能で「106%」コンプリートが達成しやすくなる

 海外パブリッシャー(販売元)のActivisionは、2月26日(金)に配信されたPlayStationの公式番組「State of Play」にて、3月12日(金)発売のPlayStation 5(以下、PS5)版『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』に関する情報を発表した。

 また、PlayStationの公式ブログでは、ActivisionのライターであるDaniel Noel氏が「PlayStation 5版ならではの進化を遂げた機能」を解説している。

(画像はCrash Bandicoot™ 4: It’s About Time | Homeより)

 『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』は、1998年発売のPlayStation用ソフト『クラッシュ・バンディクー3 ブッとび!世界一周』につづくストーリーが展開されるアクションゲームシリーズの最新作である。本作はアメリカ・カリフォルニア州に拠点を置くToys for Bobが開発を担当。懐かしのゲームシステムと世界設定はそのままに、現世代機をベースにしたボスやグラフィック、新たなゲームモードが収録されている。

 今回発表されたPS5版では毎秒60フレーム(60fps)の描画によるネイティブ4K対応をはじめ、拡張された3Dオーディオや専用コントローラー「DualSense」のアダプティブトリガーで伝わる手応えなど、没入感を与えるためのさまざまな新技術に対応している。なお、ネイティブ4K対応と3Dオーディオについては対応機器が必要だ。

 また、PlayStationの公式ブログによると、PS5の「アクティビティーカード」機能でステージクリアまでの所要時間や達成度などを可視化できるため、シリーズ作品でおなじみのコンプリート率「106%」を達成しやすくなっているという。

(画像はCrash Bandicoot™ 4: It’s About Time | Homeより)

 PlayStation 4版をすでに遊んでいるプレイヤーは税込100円でアップグレード可能。セーブデータもそのまま移行できるため、PS5を入手できた人はぜひ、新技術による変化を体感してみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ