4人協力型ホラーゲーム『Dread』のSteamストアページオープン。『Phasmophobia』フォロワーだが「死は終わりでないこともある」と、プレイヤーの裏切り要素も追加

 ゲーム開発会社Pale Horse Studioは、4人協力型ホラーゲーム『Dread』のSteamストアページを開設した。10月1日発売予定だが、ストアページもまだ工事中のようなので、プレースホルダーの可能性がある。対応プラットフォームはPC(Steam)。

(画像はSteam『Dread』より)
(画像はSteam『Dread』より)

 『Dread』は4人で協力し、パリのカタコンベや廃墟となった領主の屋敷、廃校などさまざまな場所で幽霊を調査するサイコホラーゲームだ。幽霊が徘徊する地を調査し、彼らの習性を理解して対応策を考える。さまざまな能力を持った幽霊が登場し、同じゲームは2回とないという。もちろん、危険な場所ほど報酬額も大きくなる。VRにも対応予定だ。

 こうしたゲームプレイは協力型ホラーゲーム『Phasmophobia』に強く影響を受けているといって良いだろう。大きく異なるのは、チームを裏切る者が現れる可能性がある点だ。幽霊に憑依された被害者は、ほかのプレイヤーが脱出する前に殺害することを目指す。

 どういったシステムになるか詳しくは明かされていないが、「死は終わりではないこともある」と書かれている。幽霊に殺されたプレイヤーが怨霊としてほかのプレイヤーを襲うのか、あるいははじめから裏切り者としてチームの中に紛れているかは分からない。

 『Phasmophobia』では参加者が死亡した場合、基本的に何もできなかった。この点を改善しようとしたシステムなのか、あるいは『Among Us』を筆頭に今流行の人狼ゲームのエッセンスを取り入れているのか、続報が待たれる。

(画像はSteam『Dread』より)
(画像はSteam『Dread』より)
(画像はSteam『Dread』より)

 幽霊調査をテーマにしたホラーゲーム『Dread』は10月1日発売予定。ゲームに興味があるという方は、Steamのウィッシュリストに登録して続報を待って欲しい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ