『ポケモン』フォロワーRPG『Entodrive』が3月26日にスタート。コンピューターウイルスがモンスターとして登場する、レトロな見た目の2.5Dゲーム

 アメリカ、ワシントン州エバレットに住むゲーム開発者のノア・ウィリアムズ氏は、現地時間3月26日(金)にRPG『Entodrive』のSteam早期アクセスを開始すると発表した。価格は未発表で、日本語には未対応だ。ゲームは2022年第1四半期までに完成させる予定だという。

 『Entodrive』は、コンピューターウイルスをテーマにした『ポケモン』タイプのモンスター収集RPGだ。2Dドット絵で描かれたキャラクターが3D空間を冒険する、ミニチュアのような見た目のグラフィックが特徴的。

 本作の世界は、コンピューターウイルスの発生をゲーミフィケーションしたARゲーム「EntodriveAR」が開発中の少し先の未来だ。ウイルスはモンスター「エントドライブ」として現れる。
 しかしこのゲームにはバグが潜んでおり、開発者の意図した以外の動作をするようになっていった。現実を侵食し始めたEntodriveARを正常に戻し、キャッシュ島に住む人々を救うため、プレイヤーはゲームの開発者のひとりとして、もうひとりの開発者マックス・ジェイとともにさまざまなエントドライブが住む世界に飛び込むことになる。

(画像はSteam『Entodrive』より)
(画像はSteam『Entodrive』より)

 ゲームはキャッシュ島を冒険してさまざまなエントドライブを集め、育てて戦わせる。初期の『ポケモン』を想像すればほぼその通りだろう。

 早期アクセス版のバージョンは0.05。アルファテスト段階だ。ふたつの街と洞窟が用意されているという。いわゆる御三家になるであろう「エントドライブ」を選び、さまざまな人々と対戦する。現時点で予定された120種のうち90種のエントドライブが実装済みとなっている。
 ただし、バージョンからも分かるとおり、本作は開発の初期段階にある。イベントやNPCに加え、アイテムの使用や経験値のスケーリングなど、戦闘に重要なシステムのいくつかは欠けている。ほかにも複数の実装予定のコンテンツがあるため、ゲームのアルファテストを楽しめる方以外には少しオススメしづらい。経験豊かなプレイヤー向けといえるだろう。

画像は開発初期段階のもの
(画像はIndieDB『Entodrive』より)
画像は開発初期段階のもの
(画像はIndieDB『Entodrive』より)

 『Entodrive』は現在早期アクセスに向けて開発が進められている。早期アクセスはかなりの初期段階でのリリースとなるため万人にはオススメし辛いが、興味があればウィッシュリストに登録して発売を待ってほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ