3D人狼ゲーム『First Class Trouble』4月9日に配信開始。宇宙豪華客船で暴走したAIを止めるためさまざまなミッションに挑め、6人の中にふたりの裏切り者

 ゲームパブリッシャーVersus Evilは、Invisible Wallsが開発するだまし合いマルチプレイゲーム『First Class Trouble』の早期アクセスを4月9日(金)にスタートすると発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)、日本語対応で価格は未定となっている。

 『First Class Trouble』は、暴走したAIを止めるため豪華な宇宙客船の中でほかのプレイヤーと協力するマルチプレイゲームだ。しかし、プレイヤーの中にはAIの仲間である裏切り者(ペルソノイド)が隠れている。彼らは秘密裏に暗躍し、虎視眈々とほかのプレイヤーを狙っている。有り体にいえば『Among Us』のようなタスク型人狼ゲームに3Dアクションを取り入れた作品と言える。こうしたゲームは現在「ソーシャルディダクションゲーム」(社会推理ゲーム)とも呼ばれている。

 ゲームに参加するのは最大6人。ペルソノイドはその中からふたりがランダムに選ばれる。暴走したAIを止める旅客たちが勝利するには、任務を遂行しながらペルソノイドを見つけ出し、エアロックから追い出す必要がある。ボイスチャットを使い連絡を密に取りながら、AIをシャットダウンすることが最終的な目標だ。

 ショッピングモール、スパ、レストラン、カジノなど、豪華客船らしいロケーションで存分にだましあえる。プールで感電死させたり、火の中に放り込んだり、冷蔵庫の中に閉じ込めたりと、殺害方法は多様だ。一方のペルソノイドは、乗客を排除するか、最後までペルソノイドであることを隠し通すことで勝利となる。

 『First Class Trouble』は、2019年ごろから幾度もテストが行われており、2020年内は10回のアップデートを実施した。早期アクセスとはいえある程度完成した形でリリースされる予定だ。早期アクセス期間は半年から1年を予定しているが、フィードバックによっては変更になる可能性もある。フルバージョンでは4つのマップやテーマイベント、観戦モードなどを実装予定となっている。

(画像はSteam『First Class Trouble』より)
(画像はSteam『First Class Trouble』より)
(画像はSteam『First Class Trouble』より)
(画像はSteam『First Class Trouble』より)

 リッチな豪華客船でだましあいが楽しめる『First Class Trouble』の早期アクセスは4月9日スタート。日本語にも対応するので、発売を楽しみに待ちたい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ