『コール オブ デューティ ウォーゾーン』チート利用で新たに3万アカウント以上をBAN。2021年に入りほぼ10万アカウントを排除、チーターとの戦いはまだまだ続く

 『コール オブ デューティ ウォーゾーン』を開発するRaven Softwareは、アンチチートのアップデートを発表し、さらに多くのチーターがゲームからBANされたことを伝えた

 海外メディアPCGamerが発売元のアクティビジョンに確認したところ、新たにBANされたチーターは3万アカウントを超えたという。2021年2月には6万アカウントをBANしたことが発表されており、2021年だけでも9万アカウント以上がBANされた計算になる。

(画像は『コール オブ デューティ ウォーゾーン』公式サイトより)
(画像は『コール オブ デューティ ウォーゾーン』公式サイトより)

 『コール オブ デューティ ウォーゾーン』は最大150人がひとつの戦場に集まり、武器やアイテムを集めながら最後の1チームになるまで戦い続けるバトルロイヤルゲームだ。2020年3月にサービスがスタートし、1周年を迎えた。2020年12月には8500万アカウントを突破したことが伝えられている。ゲームはクロスプレイにも対応しているため、比較的チートが使いやすいとされるPC版のチーターがほかのプラットフォームのプレイヤーと戦う可能性もある。

 Raven Softwareはサービス開始時からチーターとの戦いに力を入れており、キルカメラからチーターを通報したり、PC版は電話番号を登録しなければアカウントが制作できないといった対策も採られている。2月の時点ですでに30万アカウントがBANされたというが、それでもチーターは日々ゲームを破壊し続けているのが現状だ。

 基本無料ゲームでのアカウントBANは、チーターにとって面倒は増えるものの脅威というほどではないだろう。電話番号であっても安く購入できるサービスは存在している。たとえば2月の大規模BANで一時チートツールの販売を停止していた大手業者は、すでに現在では販売を再開しているという。チートが利益を生む限り、こうしたチートとその対策のいたちごっこが終わる日は来ないだろう。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ