Razerの「ゲーミングマスク」が本当に製品化。安価で実用性を重視する一般向けスマートマスクを2021年第3四半期リリースへ

 今年1月11日にRazerが発表したコンセプト製品である“ゲーミングマスク”こと「Project Hazel」が本当に製品化されることが明らかとなった。海外メディアUSA TODAYがRazerに確認をしニュースとして報じている。

※今年1月に公開された「Project Hazel」の紹介トレイラー。

 「Project Hazel」は、NIOSH(米国労働安全衛生研究所)のN95規格を満たした樹脂製マスクのコンセプトデザインだ。N95マスクとは、5マイクロメートル以下の飛沫核に付着した病原体を捕集することができ、着用者の肺への病原体の侵入を防ぐことができるマスクを指す。N95の95は、塩化ナトリウム(空力学的質量径0.3μm)の捕集効率試験で95%以上捕集することを意味している。

 マスク前面左右には交換可能なフィルターを採用した充電式ベンチレーターがふたつ取り付けられており、内部の熱や二酸化炭素を取り除き外部から冷たい空気を取り入れるように設計されている。バッテリーは終日使用できる容量があり、専用の充電ケースには紫外線による滅菌機能も搭載。マスク内部にマイクとアンプを備え付けているため、話し声がマスクの中でくぐもることもないという。

 ゲーミングデバイスのトップメーカーRazerが開発しているため、当然のように1680万色に光るLEDライトも取り付けられ、「ゲーミングマスク」としてのゲーミング規格もパスしているといえるだろう。なお、ここまでは「Project Hazel」のコンセプトデザインとして紹介された機能となっており、製品版として生産されるにあたり搭載されないものがある可能性があることに注意したい。

(画像はRazer 「Project Hazel」公式サイトより)
(画像はRazer 「Project Hazel」公式サイトより)

 今回のニュースを報じたUSA TODAYに対し、Razerのビジネス開発担当アソシエイトディレクターであるアディー・タン氏が下記のようにコメントしている。

「Razerは、CES 2021で発表されたコンセプトデザインであるProject Hazelにインスパイアされたスマートフェイスマスクの量産に取り組んでいます。最終製品は、Razerのサージカルマスク、布製マスク、スマートマスクのポートフォリオの一部として、2021年第3四半期に発売される予定です。
オリジナルのコンセプトデザインから借用した機能を含むかもしれませんが、日常的に着用できる手頃な価格と実用性に重点を置いています」

 Razerから発売される製品版スマートマスクはどのようなゲーミング体験をもたらしてくれるのだろうか。可能な限り安価で2021年第3四半期発売ということなので、正式発表を楽しみに待ちたい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ