インディーゲームのVR展示会「GameVketZero」にて、SIEインディーズイニシアチブ代表の吉田修平氏が登壇。SIEがインディーゲームを応援する理由やインディーゲームの未来などを語る

 株式会社HIKKYが4月29日から5月5日まで行っているインディーゲームのVR展示会「GameVketZero」にて、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)インディーズ イニシアチブ代表吉田修平氏が登壇し、SIEがインディーゲームを応援する理由やインディーゲームとその業界の未来についてを語った。

 番組の中では、弊誌、電ファミニコゲーマーの編集長であるTAITAIがインタビュアーを務めた。最初に語られたのは吉田氏とインディーゲームとの出会いで、じつは初代プレイステーションのころから“インディーゲームっぽい小規模ゲーム”はたくさんあったことを述懐している。2000年代、氏が働いていたアメリカでインディーゲームブームが到来し、日本に帰ってきてからは、そういったゲームを日本で広めたいと思ったそうだ。

 長年“作る側”にいた氏は、AAAゲームとインディゲームの作り方の違いについても語った。多くの人員を費やすAAAゲームはスケジュールがかなり厳密だが、インディーゲームは関わる人が少なくプロモーションにお金を掛けないことで、納得できるまでゲームを作るこだわりの作品作りにつながるのだとしている。

 それから10年以上たち、無数のゲームがリリースされるようになった。無数のゲームが史上に存在するいま、氏はゲームをプレイヤーに届けるまでのサポートについて、プラットフォーマーやメディア、インディパブリッシャー、そしてストリーマーの重要性を説いた。

 ほかにも、フリーゲームや同人ゲームとして親しまれた日本の小規模開発ゲームや、最近講談社や集英社のように出版社がインディゲームに注目していること、ゲームの成功によりノウハウを持ったインディデベロッパーがパブリッシャーにかじを切る流れ、コミュニティの活動にVRなど、インディゲームについて多彩な話が語られた。

(画像はYouTube 「SIE吉田氏が語る!SIEのインディーズゲームへの取り組みと未来~なぜSIEがインディーズゲームを応援するのか~」より)
(画像はYouTube 「SIE吉田氏が語る!SIEのインディーズゲームへの取り組みと未来~なぜSIEがインディーズゲームを応援するのか~」より)

 興味深い話が多数語られた吉田修平氏へのインタビューはYouTubeにて無料で視聴可能だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ