Cygames、10周年を迎えロゴをリニューアル。文字をより太く見せることで、 世界で活躍できる力強さを表現

 Cygamesは、2021年5月9日(日)に設立10周年を迎え、コーポレートロゴをリニューアルしたと発表した。

(画像は株式会社Cygames、コーポレートロゴリニューアルのお知らせ | 株式会社Cygamesより)

 サイゲームスは2011年5月にサイバーエージェントのグループ会社として設立。2011年9月に配信開始した『神撃のバハムート』を皮切りに、『グランブルーファンタジー』『Shadowverse』『プリンセスコネクト!Re:Dive』『ワールドフリッパー』『ウマ娘 プリティーダービー』などのモバイル向けタイトルを配信。
 また家庭用ゲームタイトルとして『グランブルーファンタジー ヴァーサス』、『シャドウバース チャンピオンズバトル』などがある。

 特に『ウマ娘 プリティーダービー』は2月末の配信から4月の時点で500万ダウンロードを突破し、サイバーエージェントの売上高を過去最高に押し上げるほど大ヒットしている。

サイバーエージェント、ゲーム事業の今期営業利益が「前年同比122.3%増加の232億円」に。『ウマ娘』『ニーア リィンカーネーション』が大きく貢献

(画像は株式会社Cygames、コーポレートロゴリニューアルのお知らせ | 株式会社Cygamesより)

 今回のロゴリニューアルでは、さらなるグローバル展開を行っていくことを踏まえ、「Cygames」の文字をより大きく見せることで、世界で活躍できる力強さを表現。具体的にはロゴマークの高さにより生まれるロゴ上下のデッドスペースを無くしてロゴマーク・ロゴタイプを太くし、詰めることで、サイゲームスのブランドイメージを保持しつつ、視認性を高めるとしている。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ