引きこもりRPG『Omori』日本語を含むアジア言語版は「最良のOmori」を目指し鋭意製作中。大ボリュームのため現在もローカライズ作業に対応

 PLAYISMは、OMOCATが開発した引きこもりRPG『Omori』の日本語を含むアジア言語版に関する開発状況に関して言及した。本来は2021年5月のリリースを目指していたものの、ボリュームが大きいためローカライズ作業にもう少しの時間が欲しいと「PLAYISM Game Show」にて伝えた。

(画像はYouTube 「PLAYISM Game Show」より)
(画像はYouTube 「PLAYISM Game Show」より)
(画像はYouTube 「PLAYISM Game Show」より)

 『Omori』は2014年にKickstarterを実施し開発資金を獲得したタイトル。幾度かにわたる延期の末、2020年12月にSteamでPC版が英語言語対応でリリースされた。引きこもりをテーマに表と裏の世界を行き来するディープな物語や、魅力的な2DドットビジュアルにBGMなどが特徴。Steamでは記事執筆時点で1万4029件のレビューが寄せられ、98%のユーザーがポジティブな評価を下している。

 『Omori』は前回のPLAYISM Showにて日本語版の発売が発表されており、当初は2021年春のリリースが予告されていた。PLAYISMの水谷俊二氏は「もう少し待ってほしい。最良の形のOmoriを目指す」と伝えており、日本語でプレイするにはもう少しの時間が必要となるようだ。今後の続報に期待したい。

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ