ValveがNintendo Switchのような「ポータブル・ゲーミングPC」を開発中か、海外メディア報道。早ければ今年後半にもお披露目との情報も

 Valveポータブル・ゲーミングPCを開発していることを、海外メディアArs Technicaが複数の情報源をもとに報じている。

(画像はExclusive: Valve is making a Switch-like portable gaming PC | Ars Technicaより)

 Ars Technicaによると、Steamの最新バージョンのベータ版にハードウェア関連の新しいコード「SteamPal」が挿入されているという。このコードネーム「SteamPal」は、データベースサイトSteamDBの運営者であるPavel Djundik氏によって5月25日に発見された。Pavel Djundik氏はこれを新しいコントローラーを指しているのではないかと考えたが、複数のソースから情報を得たArs Technicaによると、これはValveが開発しているコントローラーとPCの一体型である新しいポータブル・ゲーミングPCなのだという。

 このコードネーム「SteamPal」は、コントローラーとタッチスクリーンを搭載したオールインワンPCで、Nintendo Switchのような外観と機能を備えている。ただし「Joy-Con」のような取り外しが可能なコントローラーはない。Steam上にある多くのゲームをLinux経由で実行ができ、サプライチェーン(部品の調達、製造、販売、消費などの一連の流れ)の都合上、年内に発売される可能性があるとしている。

 またすでにプロトタイプ版があり、Nintendo Switchと比較してかなり幅が広く、そこからコントローラーのオプションに対応している可能性があることを指摘している。Nintendo Switchのように、USB Type-Cを介してより大きなモニターに画面を映し出すことができる。ただしNintendo Switchのように本体を差し込めるドックがあるのかは不明だ。

Valve、家庭用コンソール向けゲームのリリースを示唆。Steamを運営し『Half-Life: Alyx』や『Dota 2』を開発した会社の向かう先は

 わかっているのはここまでだが、今月はじめにValveの設立者であるゲイブ・ニューウェル氏は、大学の講演にて「今後コンソールでValveのゲームがリリースされるか」という質問に対し、「今年の終わりまでにはもっと良いアイディアが出るでしょう。予期しないような答えになると思います」と返答。家庭用ゲーム機向けの何らかの展開を示唆した。

 はたしてその答えがコードネーム「SteamPal」なのか。いずれにしろ開発中の段階で、仕様が変更することもありえるだろう。Valveの正式発表を楽しみにしつつ続報を待ちたい。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ